ローマ日本人会の事務局スタッフによるブログ


by roma-nihon

ユ-モアあるイタリア人

ロ-マに来たばかりのころちょっと驚いたのは、ロ-マ人、ユ-モアに溢れている人が多いこと。

そして知らない人にもジョ-クを飛ばしたり何気ない会話の中に冗談を含め面白い。

ちょっとした標識も面白おかしくユ-モア溢れた書き方をしているので自然と目を引きます。

例えば、イタリア人は夏休みをしっかり取りますのでお店も8月になると休みになるところが多いですね。
そんな中、お店のシャッタ-に貼り付けるお休みの期間のお知らせもこんな風に面白い。。。


日焼けに行ってます。
8月30日(火)に帰ってきます。(お店が開きますってことですね。)

c0260942_01205157.jpg


こちらは、ご近所さんのドアに貼り付けてあるもの。
夏休み前にこれを貼り付けて依頼、今でも付いています。

注意
屋内に盗難防止の化学物質(ケミカル)が設置されています。
進入する場合は自己責任で。
c0260942_01211138.jpg
これは威嚇のために張り出しているもの何か?それとも本当に作動していうるのか?それは入ってみないと分かりませんね。
でもこんなのが付いていたらこの家を狙う前に他の家を狙うでしょうね。


道ががたがたで、穴が開いてしまい、ロ-マ市が長いこと修理に来なかった時に、この穴にいやみたっぷりに

Piscina Comunale  公共のプ-ル


と書いてしまうお茶目なイタリア人。
c0260942_01212151.jpg
女性の下着売り場で。。。

パンツは試着しないこと。。。



と書かれている。。。
下着のパンツを試着してしまう人がいるのだろうか?
最初は冗談かと思ったけど、
試着してしまう人がいるかもしれないので書かれているのだろう。。。(汗)
なのでこれはロ-マ人のジョ-クではありませんが、ちょっと驚いたので掲載します。(苦笑)

c0260942_00363682.jpg


ピッツェリアの店内で、

こんなサインを表示しているところがあります。

c0260942_16315518.jpg


携帯の電磁波がピッツァを焼くウッドオ-ブンに支障を起こすので携帯や電気製品を使ってはいけませんと言うサインです。

一瞬、電磁波はオ-ブンにも支障を起こすことがあるんだ~。と思ってしまいましたが、そんなわけありませんよね~。

単に釜に薪を入れて焼いているだけの原始的なものなのだから。。。

でも個人的に思ったのは、お食事をしている時くらい電話で話さずお食事と会話を楽しみましょうってことを言いたいのかなと。。。


こんな感じで面白く書かれると携帯で話そうかな~なんて思っていた人も、笑いながら携帯をしまって楽しいお食事をすることでしょう。

こんなユ-モアあるローマ人が私は大好きです。





[PR]
# by roma-nihon | 2017-04-17 05:14 | ローマ
日本からロ-マを訪れる友人たちが皆口をそろえてイタリア(ローマの)の車のバンパーはみんな傷だらけだねと言います。

このごろはそれが当たり前のことだと思い始めていたので特に気にしてバンパ-を見たことがなかったのですが、指摘されて改めて一台一台を見てみると傷のない車の方が少ない。

この車も。。。
c0260942_23200414.jpg
この車も。。。
c0260942_23202571.jpg
そしてこちらも。。。。
c0260942_23203762.jpg
イタリア人はバンパーは事故の衝撃から身を守るものなのでバンパーは傷つくものと思っているようですね。
日本人はちょっとした傷も結構気にしますよね。
皆さん丁寧に乗っていらっしゃると思います。
だからバンパーにも傷のない車の方が多いですね。



先日、バンパ-のない車を見かけました。。。
これはいくらなんでも危ないですよね。

c0260942_23235144.jpg
友達の駐車した後ろの車はこんな感じで歩道に乗り上げていました。
この方が駐車した時はまっすぐ入れるほどスペ-スがなかったのでしょうか?
c0260942_23224389.jpg
この方のバンパ-も傷がありますね。

c0260942_23225809.jpg
ドアの横には引っかき傷が。。。

c0260942_23232621.jpg
この方は歩道に45度の角度で駐車していますが、小型車が縦列駐車の際に歩道とは90度の角度で止めていいるのをよく見かけます。
小型車の場合90度に止めても道にそんなに突き出ることはないので問題はないと思うのですが、前の車や後ろの車が出て行く際に、間違ってドアにぶつけたらバンパ-にぶつけられるよりも被害は大きいかと思います。

そういうリスクがあってもこうやって止めるのは駐車する場所がないからなんでしょうね。
個人的には絶対にこのようには止めたくはないですね~。

c0260942_23454733.jpg

写真はこちらからお借りしました。
http://www.wrcmania.com/forum/foto-video-vari/37265-parcheggio-smart-ok-la-macchina-%E8-piccola.html


ロ-マの歴史地区には日中の時間帯に許可を持っていない車が進入できなかったり、進入できる時間になっても駐車する場所が少ないので運転する人には大きな問題だと思いますが、そんな中、バイク扱いの小型車で屋根もドアもある車のようなものであれば歴史地区にも日中でも入れますし駐車をするのも簡単のようです。

こちらはRenaultのTwizyというもの。


c0260942_23210904.jpg
免許証はイタリアのPatente AかB(バイク用の免許証)を持っていれば乗ることができます。
c0260942_23205501.jpg
こんなに小さくて細かったらたいした駐車スペ-スがなくても止めることができますね。

そしてこちらの車もバイクと同じように認められるようなので、見た目は小型車と一緒ですが歴史地区に日中入ってくれることもできますし、駐車するのも普通車より小さいので割と簡単なのではないでしょうか。
高校生などまだ車の免許の取れない年齢の子供がこういった車を運転しているのをよく見かけます。
c0260942_23131191.jpg
写真はこちらからお借りしました。
http://www.patentati.it/blog/articoli-auto/auto-guidabili-senza-patente-minicar-microcar-quadriciclo-leggero.html

そして以前ご紹介したカ-シェアリングのEnjoyですが、ここ最近三輪のバイクも出てきました。
特に荷物もなく、身軽に市内を回るのであればこのバイクも便利かもしれませんね。

c0260942_23134803.jpg
写真はネットからお借りしました。





その町々によって交通状況も違いそれぞれの問題があるかと思いますが、それなりに乗り物の機種や種類を変えることによって快適にドライブと駐車ができるようにすればローマ人のストレスも少しは和らぐのではないでしょうかね。



[PR]
# by roma-nihon | 2017-03-16 22:56 | ローマ

お野菜の値段が。。。

ここ数日、ロ-マも暖かくなって来ましたが、このまま春になるのでしょうか?
それともまたちょっと寒くなるのかしら。。。

1月の寒波の影響でロ-マでは(いやイタリア全域そうだと思いますが)お野菜がここのところ高いですね。
日本に比べてお野菜が安いイタリアですのでお野菜の値段をそんなに気にせず食べたいものが今まで食べていましたが、普段の倍近くするとお買い物する時に何を買うか考えちゃいますね。。。

ス-パ-やメルカートのお値段を見てびっくりしたのはズッキ-ニの値段が1キロ6ユ-ロ近かったこと。
普段高くても3ユ-ロ弱だったと思います。
倍の値段しますね。

c0260942_02235777.jpg

レタス類も普段1kg、1.6~1,8ユ-ロ位のものが
c0260942_02252220.jpg
倍近くしていますね。
c0260942_02254727.jpg
このトマトも普段1kg、2ユ-ロ前後ですが、2.98ユ-ロになっている。
1.98をその上から直したのがばればれ。。。(笑)
c0260942_02285250.jpg

そんな中でお安いと思ったお野菜はこちら。。。

キャベツ類。。。

左側の方は1kgで1.98ユ-ロ。
右側の日本にも良くあるキャベツは1kgで1.3ユ-ロ。

こんな時は焼きそば、お好み焼きをたくさん作るしかないですね!
c0260942_02310629.jpg
ブロッコリ類はまあまあのお値段です。
ブロッコロ ロマネスコは1kgで1.78ユ-ロ。
普通の日本でも良く見かけるブロッコリ-は1kgで2.78ユ-ロです。
c0260942_02304989.jpg
と言うことで、本日はお値段的に悪くない、ブロッコロ ロマネスコを買って来ました。

c0260942_02453850.jpg


で、何を作ったかと言いますと。。。

まずはブロッコロを茹でて、オリーヴオイル、ペコリ-ノ ロマーノをすったものをブレンダ-にかけてピュレ-状にして焼いたパンに塗ってみました。

c0260942_02414257.jpg
そして茹でたブロッコロをガ-リックで香りをつけたオリーヴオイルと炒めてみました。
c0260942_02432357.jpg
これらをワインと一緒に頂きます。

気持ち、とてもヘルシ-です。

c0260942_02451571.jpg
残ったブロッコロも茹でて、同じくオリ-ヴオイル、ガ-リック、ぺペロンチ-のと一緒にあえて、パスタと一緒に頂きましたよ。

c0260942_02464013.jpg
チコリ-と同じファミリ-に属す、プンタレッレはメルカ-トでも今までと同じようなお値段で売られていました。
このままの状態で買ってくるとした処理をするのに大変でね。。。
c0260942_02480034.jpg
なのですでに食べれる下のような状態で、購入することが多いです。
100gが1.3ユ-ロなら普段と変わりませのでお値段を気にせず食べれますね。

c0260942_02482974.jpg
このお野菜の高値はいつまで続くのでしょうか?
高いからってお野菜を食べないわけにはいかないので、お値段のリ-ズナブルなものを美味しく調理していかないとですね。

春の訪れが待ち遠しい今日この頃。。。


[PR]
# by roma-nihon | 2017-02-13 03:00 | ローマ
遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

本年もロ-マ日本人会を宜しくお願いいたします。

さて、日本でお正月を迎えた方、ロ-マで迎えた方、皆さんのお正月はいかがでしたでしょうか?

日本人の私たちはイタリアでクリスマスを祝うようにお正月は家族と祝い美味しいものを食べて過ごしたいものですよね。

こちらでは日本食材が手に入りにくいため、なかなか日本で食べるようなお正月のお料理を作ることは難しいかもしれませんが、近年イタリアのス-パ-でも日本食材が少しだけ手に入るようになって来ました。

今回はそんな食材のご紹介をいたします。


お醤油は一番古いと言ってよいくらいイタリアにも昔から手に入る日本食材ではないでしょうか?

c0260942_22045218.jpg

こちらは日本のブランではありませんがおしょうゆです。

c0260942_21562953.jpg

すし米も売られております。
写真の炊き上がったご飯はあまりおいしそうではないのですが、これを実際炊いてみるともうちょっとツヤがあり、美味しかったです。
寿司米が売られると言うことは、このごろ日本食通のイタリア人が家庭で巻き寿司などを作ることが増えてきているのでしょうかね?

c0260942_21575774.jpg


お豆腐も売っています。
こちらは生協ブランドのオ-ガニック豆腐。木綿豆腐ですね。

c0260942_21561048.jpg

以前オ-ガニックのお店で売られているお豆腐にハ-ブが入っているのを見かけたことがあります。
日本人からするとお豆腐にハ-ブ???ですが、お豆腐自体特に味を感じないイタリア人には何か風味を付け足さないと食べれないのかもしれませんね。



そして冷凍庫のセクションでは枝豆が売られております。
すでにさやから出ている枝豆です。
日本食レストランに行くと食べれる枝豆でしたが、おそらく枝豆は皆さんに人気があるのでしょうね。
今ではご自宅でも食べれるようになりました。

c0260942_21554574.jpg

そしてインスタントのお味噌汁も売っています。
お味噌汁はイタリア人にも人気がありますね。
お湯を注ぐだけで美味しいお味噌汁が出来上がるのならイタリア人も購入する人が多いのではないでしょうか。

c0260942_22020902.jpg

冷蔵庫のセクション、スモ-クサーモンなどが売られている横あたりに日本のカニカマのようなものが売られております。
こちらは結構昔から置いてあるロングセラ―。

c0260942_03084825.jpg

イタリアのご家庭でも巻き寿司ができますね。


そして冷蔵庫には巻き寿司も販売されていました!!!

お手軽にス-パ―でお寿司がかえるなんて、日本にいるみたい。


c0260942_02514924.jpg

そして春雨も。。。
春雨サラダをちょっと食べたい。。。と思ってもなかなか専門店まで行くのは面倒でした。
しかし普通のス-パ-でも手に入るのならもうちょっと頻繁に春雨サラダが食べれますね。
でも、イタリア人でよっぽどお料理が得意な人でないと、春雨の使い道が分からない人も多いのでは。。。。

c0260942_22015686.jpg

そして何よりもイタリア人に人気は。。。
インスタントラ-麺ではないでしょうか?



やはりイタリア人は麺類好きですからカップラ-麺からインスタントラ-麺に焼きそばなど色々な種類が棚に並んでおります。

イタリアのブイオンで有名なStar社と日本の有名な食品会社の共同制作と思われるインスタントラ-麺。
c0260942_22025077.jpg

こちらは中国製のようですね~。↓

c0260942_22031330.jpg
こちらはイタリア、Buitoni社のインスタントラ-麺。
c0260942_22033075.jpg

カップラ-麺も1.35ユ-ロほどで購入できるのであれば、日本と大してお値段は変わらないのでは。。。

c0260942_21541498.jpg
こちらはBuitoni社の焼きそばですが、
c0260942_22040600.jpg

Star社も焼きそばを出しております。
c0260942_22035517.jpg

さて、日本のおやつですが、おせんべいが売られております。

c0260942_22180662.jpg

英語だと、おせんべいを”ライス クラッカ-”と呼びますが、こちらでもCracker di Riso”お米のクラッカ-”と書いてあります。
このほかにもお米商品を出してるScotti社の2社がこのようなおせんべいを出しているのを良く見かけます。


そしてみんな大好きポッキー!

c0260942_02520757.jpg

こちらで売っているものは名前はミカドと言って、とっても日本チックな名前です。

今回お店では一種類しか置いておりませんでしたが最近ではチョコレ-トの種類もいろいろあるようで、色々なミカドがあるようです。





専門店でなく、イタリアの普通のス-パ-でこれだけ日本食が手に入るようになったのも、日本食を身近に食せるようになり、イタリア人に愛されるようになったからでしょうね。

日本人の私たちにしてみればこうやって普通のス-パ-で食材が手に入るのはとても喜ばしいことです!

[PR]
# by roma-nihon | 2017-01-21 03:21

もう今年も残るところ三週間弱になりました


新年を迎える前にクリスマスがやってきますね。


イタリアでクリスマスを過ごされる方、もしくは日本で過ごされる方、クリスマスの過ごし方が違うかもしれませんが日本人には楽しいイベントの一つではないでしょうか?


そんなクリスマスを一段と楽しくするのがクリスマスデコレーション。


町並みのライトアップはもちろんのこと、ご家庭で自分なりのデコレーションをすることで気分を盛り上げてくれることでしょう。



今回はご家庭で楽しめるクリスマスのレシピやデコレーションをご紹介したいと思います。



こちらはクリスマスツリーのポテトサラダ。


ブロッコリーやミニトマトの下はポテサラの素材です。

c0260942_01145270.jpg

ポテサラを作る要領で(ポテトはなるべくつぶして塊がない方がデコレーションをする際やりやすいです。)土台を作ります。

(ポテサラの代わりにマッシュドポテトでもかまいません。)


まずはお皿の上にへたを切り平らにした人参のをしたにしてとがった方を上に向けて立てます。


そこに円錐の形になるようにポテサラの素材を固めていきます。


固めたポテサラに一株ずつ切り塩茹でしたブロッコリーを差し込んでいきます。

ミニトマトは半分に切り、色のコーディネーションを取りながらブロッコリーと一緒に差し込んで下さい。

トップには人参で作ったお星様を爪楊枝に刺して立ててみました。


これ一つあると、クリスマスディナーが一段とクリスマス気分を盛り上げてくれます。





こちらは鶉の卵で作ったスノーマン。

c0260942_01151551.jpg

鶉の卵を茹でて、2つの卵を爪楊枝を使い雪だるまのようにくっつけます。

雪だるまの下の卵の方ににちょっと爪楊枝を出してそちらをスライスしたきゅうりの上に刺して土台を作りました。


マフラーはパプリカの皮を使い首元を覆っています。


目は黒ゴマや海苔を使い鼻はにんじんを細く切ったものを卵に刺しました。


帽子はミニトマトに爪楊枝の端を刺し、その後卵に刺してあります。


かわいくて食べるのがかわいそうな感じです。





そしてクリスマスリースですが、ご自分で円形のオアシスを購入され水に浸してからお花屋さんで売っているもみの木の枝などを刺して行きリースの土台を作っていく方法と、最初から土台となるリースを購入されてそれからご自分でリースをデコレーションする2種類があります。



c0260942_01043845.jpg

ご自分で土台を作られる場合、このようなオアシスを購入され、水に浸します。



c0260942_01424660.jpg





その後もみの木の枝などを刺して行きます。


こちらが土台のリースです。


c0260942_01074054.jpg

最初からリースの土台をお花屋さんなどで購入される方も、土台をご自分で作られた方もはここからデコレーションが始まります。


グリーンの土台ですのでコントラストが出るように、赤や白、そして金や銀などのクリスマスカラーを使いデコレーションしてください。


今回は金の松ぼっくりと赤のぺペロンチ-ノそして金色のリボンを使ってデコレーションしてみました。




c0260942_01120099.jpg

c0260942_01081549.jpg

こちらを壁に飾ってもよいですし、このままこの中心にキャンドルを置いてテーブルアレンジメントとしても素敵でしょう。


もしくはリースにクリスマスライトを巻いてライトアップするのもよいかもしれません。





そして最後にこちらのテーブルセンターピースをつくりクリスマスディナ-にご招待いただいた際にギフトとして持っていくのはいかがでしょうか?



c0260942_01045290.jpg

一般的な長方形のオアシスと植木鉢の下に置くプラスチックのお皿をお花屋さんで購入します。

(植木用のお皿でなくてもご家庭のお皿でも代用可能です。しかし、ギフトとしてプレゼントされる場合、植木鉢用のお皿だとそのまま返してもらう必要がないので便利かもしれません。)


オアシスは植木鉢のお皿の直径くらいに切り水に浸します。


水から出した後、お皿の中に入れてオアシスの高さをお皿の淵から2~3cmほどの所で切り落とします。



c0260942_01134522.jpg

そこにもみの木などの枝を差込み土台を作って行きます。

c0260942_01130790.jpg

そこにリースと同じように松ぼっくりなどで飾って行きます。

ここに赤いお花やクリスマスオーナメントなどを飾っても素敵でしょう。

真ん中にキャンドルを立てたりしてご自分でお好きなようにデコレーションしてみてください。


c0260942_01120099.jpg


これらのものが一つでもあると家の中が一気にクリスマス気分を高めてくれますね。


上記に記した材料が手に入らない場合はご自宅にあるもので代用してご自分のデコレーションを楽しんでみてください。




こちらはおまけ。。。

残った枝をまとめて松ぼっくりとリボンを付けたもの。

c0260942_01140578.jpg


今年一年もロ-マ日本人会を応援いただきありがとうございました。


来年も宜しくお願いいたします。


皆様にとって、素敵なクリスマスと新年でありますように。





[PR]
# by roma-nihon | 2016-12-12 01:48 | ローマ