ローマ日本人会の事務局スタッフによるブログ


by roma-nihon

ここつい最近、目に入ったり耳にした便利なローマ情報をお伝えいたします。


1.フライングタイガ-プレイル-ム


日本でもおなじみのデンマ-クのFlying Tiger はロ-マにも何店舗かありますが、かわいらしい商品とお手軽なお値段で多くのイタリア人にも人気ですね。

先日、ヴェネチア広場にあるこのお店をのぞいてみたところ、この時期ですのでヴァレンタイングッズがいっぱいおいてありました。


c0260942_05030766.jpg


何に使うか分からない心臓の形をしたものが売っておりました。いくら、ヴァレンタインがハ-トのシンボルだとしても、心臓ってちょっとグロテスク。105.png


c0260942_05045253.jpg



で、ふと、目に入ったのがこれ。。。

ロフト状になっている2階。。。


Do you wanna play?

Come up & Play!



c0260942_05060004.jpg

お店の奥に入ってここがどんな風になっているのか覗いてみました。


c0260942_05073489.jpg



Free wifi とも書いてある~。

階段になっていて上に上れるようになっている。


c0260942_05090066.jpg


2階にたどり着くと、壁にはこんな風に携帯を充電できるようにコンセントの穴がありました。

そしてwifiをつなげてみました。

wifiのサインは付くけど、ウェブサイトを開けようと思っても開きませんでした。


c0260942_05103292.jpg


これは残念。



この2階では地元の高校生くらいの男の子たちがピンポンをしていました。



c0260942_05110904.jpg


無料で遊べるみたいです

もう一人、男性が椅子に座って充電をしながら携帯を見ていましたね。

wifiは繋がらないかもしれないけど、座って充電できるのはうれしいですね。


それにしても、こんな一等地にこんな空間を作ってくれるなんて。。。

タイガ-も太っ腹ですね。

充電などしたい人、ちょっと休憩って感じでこちらの2階を使ってみてはどうでしょうか?


FlyingTiger

ViaCesare Battisti, 130, 00187 Roma RM








2コンビ二風ス-パ-



イタリアには日本のコンビ二のようなお店ってありませんよね。

このごろミニマ-トがローマにたくさんできましたが、日本のあのコンビ二感覚とはまたちょっと違いますよね。

こちら、先日パンテオンのそばを歩いていたらふと目に入ってきました。


c0260942_05131486.jpg

カリフ-ル系のス-パ-?コンビ二?です。

お店に入ってみると。。。



お惣菜のようなものが置いてあって、ランチセットメニュ-があったり、パッケ-ジのサラダや暖めるだけのス-プやパスタが売っていて、お店においてあるレンジで暖めて、カウンタ-に座って食べることができます。

c0260942_05141369.jpg

c0260942_05163433.jpg

c0260942_05143527.jpg


オレンジのスプレム-タ(オレンジのフレッシュジュ-ス)やカフェの機械が置いてあるので自分で作ることができてこちらで飲むことができます。


c0260942_05150520.jpg

c0260942_05152896.jpg

カウンタ-には充電のできるコンセントや、wifiのパスワ-ドもあり、ちょっとした休憩時間に充電やネットをチェックすることも可能です!


c0260942_05155432.jpg

wifiをつなげてみましたが、こちらのはちゃんとつながりウェブペ-ジを開けることができました。


お菓子なども豊富です。


c0260942_05171912.jpg

普通のス-パ-では冷たい飲み物の種類が少ないのですが、こちらは日本のコンビ二のように飲み物の種類が豊富。

お値段もお手ごろです。


c0260942_05183638.jpg


パンテオンとラルゴ アルジェんティ-ナの中間くらいにあるお店です。

CarrefourExpress

Via dei Cestari 42/44 - Roma




3.ローマ市民は年間会員5ユ-ロで美術館へ制限なしで入場可能!


ロ-マ市長、Virginia Raggiさんがロ-マ市民のために素晴らしい企画を立ててくださいました。

今年の春から始まるというこの企画、ロ-マ在住の市民であれば、年間5ユ-ロを支払いMic会員になれば、下記の美術館への無制限の入場ができるというのです。


Musei Capitolini

Museo dell’Ara Pacis

Museo dei Fori Imperiali-Mercati di Traiano

Museo di Roma

Museo di Roma in Trastevere

Galleria d’Arte Moderna

Museo della Centrale Montemartini

Musei di Villa Torlonia

Museo di Zoologia


このようなものができれば、ロ-マ市民もよりいっそう美術に親しみやすくなりそうですね。


現在無料で入れるこれらの美術館もこのプログラムの付け足されるようです。

Museo napoleonico

Museo di scultura antica Giovanni Barracco

Museo Carlo Bilotti

Museo Canonica

Museo delle Mura

Museo della Repubblica Romana e delle Memoria garibaldina

Villa di Massenzio

Museo di Casal de’ Pazzi



ロ-マ日本人会の会員の皆様、ぜひこのチャンスにこのMic会員になられてはいかがでしょうか?


[PR]
# by roma-nihon | 2018-02-07 03:33

イタリアをエコな環境に

新年明けましておめでとうございます。

本年もロ-マ日本人会を宜しくお願いいたします。



さて、イタリアに在住の方はすでにご存知かと思いますが、ス-パ-などでのお野菜や果物のビニ-ル袋が今年の11日から有料になりましたね。


c0260942_02381407.jpg


今までのビニ-ルは普通のものでしたが、1月に入ってからは時と共に自然と消えてしまう、Biodegradabileというものに変わりました。このBiodegradabileのビニ-ル袋はレジ袋としてここ数年使われているものです。

お店によって値段に多少差があるかと思いますが一般的に110セントくらいではないでしょうか?

それを今回、お野菜を計り売りする際入れる袋として有料化しようというものです。

お店によって、13セントと多少値段が違います。

こちらは2セントの袋代が記されているレシ-トです。



c0260942_02390599.jpg


袋の有料化に関してはイタリア人の中でも賛否両論ですが、まだ一ヶ月もたたないこの時期、すでにこれらの商品購入にあたり消費者の動きが変わってきているようです。


56%の消費者はお野菜などの購入に関して、今までと変わらないと答えておりますが、

44%の消費者がすでにパッケ―ジに入っているものや冷凍のお野菜などを購入し、極端な場合、この有料のビニ-ルのためにお店を去る人もいるとか。。。

今までどおり消費スタイルを変えないと答えた人々のうち

58%が男性、

そして

61%が1834歳といった若者でした。

21%(そのうち23%が55歳以上)がス-パ-のお野菜やフル-ツ売り場を好むそうだ。



12%(そのうち13%が女性で55歳以上)がこのビニ-ルを支払いたくないためにすでにパッケ―ジされているものを購入したいといっているようだ。

3%は即席商品、

2%は冷凍食品

7%がお野菜や果物の消費を減らすとのことでした。


統計はこちらを参照させていただきました。

http://www.repubblica.it/economia/rapporti/osserva-italia/trend/2018/01/17/news/sacchetti_ortofrutta_la_nuova_misura_ha_gia_cambiato_i_consumi-186604417/?ref=fbpd


袋の有料化でこんなにも購入が変わってくるとは。。。

個人的には、すでにパッケ―ジ化されているものはお値段の中にパッケ―ジ代が含まれているので量り売りで袋を買うのと変わりないと思いますし、エコな袋を使用することで環境に優しいのであれば、数セント支払うことは特に問題とは思いません。

私の住む地域では生ごみはこのように自然と消えるBiodegradabileを使って捨てないといけません。

ですので普段はエコバッグを持ってス-パ-に行っていましたが、たまにレジ袋を買ってそれを生ごみ用の袋として使っていました。

ですので今現在、このお野菜や果物用の袋を使えるのでお金を払うことに関しては余分なお金を支払っている感覚はありません。少しでもこれからの環境が良くなるのであれば、個人の少しくらいの出費もしょうがないのではないかと思います。






もうひとつエコの話題として。。。


昨年の1217日も行われましたが、121日、211日にもローマで環境のためにトラフィックの制限が行われます。

 

circonvallazione Gianicolenseからpiazza Numa Pompilio ローマ中心地の近くまでが午前中通行止めになるようです。

lungotevere ともともと通行禁止の歴史地区も通行禁止になります。


今回初めてEuro 6 ディ-ゼルも通行禁止の車両タイプになります。


この通行止めから免除される車は・・・

エレクトリック車、ハイバ-ド車、gpl, メタン車、バイフュ-エル車、

Euro 6 ガソリン車、4ストロ-ク機関のEuro 3 とその次の機種、2タイヤのバイク、4ストロ-ク機関 Euro 2とその次の機種、

障害サインのある車、そしてカ-シェアリングです。

 

ロ-マには下記のカ-シェアリングが存在します。


Carsharing Roma



Car2go


 

Enjoy


Share'ngo




こちらはスク-タ-シェアリング。


eCooltra


Zig Zag




そしてバイクシェアリングとして・・・

OBIKE

OBIKE

https://www.o.bike/it/



GoBee Bike


があります。



こういったカ-シェアリングやバイクシェアリングを上手く利用することでエコな環境を保っていくことができることと、通行止めの日もロ-マを快適に移動することができますので是非参考にしてみてください。


[PR]
# by roma-nihon | 2018-01-20 02:41 | ローマ

あとナタ-レまで一週間ちょっと、そして今年も2週間ほどで終わりですね。

皆さんの2017年はいかがでしたでしょうか?


さて、10日ほど前にヴァチカン市国のサンピエトロ広場に恒例のクリスマスツリ-とプレゼ-ぺが飾られました。


c0260942_23525035.jpg

今年のクリスマスツリ-はポ-ランドからローマ法皇に贈呈されたもので、中央ヨ-ロッパ全諸国を通り、2000km以上の旅を経てサンピエトロ広場に到着しました。

高さ28m、根元の最高円周10mと大きなAbete Rosso(オウシュウトウヒ)と呼ばれる木です。


c0260942_00015289.jpg


レネ トゥ-ン ファウンデーションが企画をし、子供たちによって粘土で作成された球や星などがこのツリ-に飾り付けられています。

c0260942_23530121.jpg

ツリ-の横にはAbbazia Territoriale di Montevergine(モンテヴェルジネの修道院/カンパ-ナ州ヴェネヴェント県)から寄付された1700年代のスタイルのプレゼ-ぺが展示されています。


c0260942_23531559.jpg

80平方メ-トルのスペース、最高高さ7mの中に2mほどの高さの約20のフィギュアが飾られ、頭部、手足は色付きテラコッタで作られて、目の部分にはクリスタルが使用され、衣装は全て布で作られております。


c0260942_23532518.jpg

プレゼ-ぺとクリスマスツリーは17日の夜までライトアップされています。





ところで、先月お伝えしたロ-マの町の噴水が止まっているという情報ですが、ここのところ多くの噴水に以前のように水が戻って来ました。

サンピエトロ広場の噴水も現在水が出ております。


c0260942_23533865.jpg

ヴァチカン市国だけでなく、
こちらはテルミに駅のクリスマスツリ-もご紹介します。
サンタさんへの手紙がツリ-に飾られています。

c0260942_01544632.jpg

こちらは構内に入ったところのライト。
クリスマス気分を高めますね。
c0260942_01550677.jpg
そしてこちらは今年も市民から色々言われている噂のヴェネチア広場のツリ-。

c0260942_01551956.jpg




さて、

来年から変わること・・・


年間7百万人もの観光客が訪れるロ-マの誇るパンテオンが来年の52日から入場が有料化されることになりました。

入場料は2ユ-ロです。


c0260942_23572286.jpg

現在はパンテオンの目の前を通りかかったときに何気なく入場していますが、来年からはチケットを買って行列に並んで入場しなくてはいけないのでしょうか?

なんだか寂しい気がしますね。




来年から期待できるもの・・・


その1.

世界一有名なコーヒーショップチェ-ン、スタ-バックスが来年の3月から5月にかけて首都ロマに進出すると発表されました。


c0260942_23573362.jpg

写真はこちらからお借りしました。

http://roma.repubblica.it/cronaca/2017/11/23/news/roma_starbucks_aprira_a_piazza_di_spagni_e_termini-181921104/


最初の2店舗のロケ-ションとしては世界で有名なスペイン広場とイタリアでもっとも大きく使用者の多いテルミに駅のようです。

イタリアには数え切れないほどのバ-ルが町のあちらこちらで見られますが、たまには変わった雰囲気の、日本人にもおなじみのあのカフェが飲んでみたい!なんて思いますよね。

来年の春が待ちどうしいですね。


その2.

カ-シェアリングはもうここ数年でいろいろな会社が出てきましたが、今月、ロ-マでもバイクシェアリングが始まりました。

la oBike Italiaというシンガポ-ルにオフィスを置くこのバイクシェアリングの会社は、25の国の40の町でこのバイクシェアリングを行っています。


c0260942_23574764.jpg

写真はこちらからお借りしました。

http://roma.repubblica.it/cronaca/2017/12/01/news/roma_cinquanta_bici_libere_cosi_riparte_il_bike_sharing-182682200/

la oBike Italia

https://www.bikeitalia.it/tag/obike/


以前のような決まった場所へ借りた自転車を返すのではなく、カ-シェアリングのように空いている自転車をアプリを使いアンロックして使用し始め、交通違反にならないような場所であれば、どこにでも乗り捨てできるので町の中を駆け巡るにはとても便利なものなのではないかと思います。

こちらはロ-マの住人だけでなく、観光客も使用可能なのでこれから自転車に乗る人々がロ-マの町で増えてくるのではないでしょうか。


今年もロ-マ日本人会のブログの応援、ありがとうございました。

来年もロ-マらしいことをブログにてお伝えしていきたいと思います。


皆様、良いお年をお迎え下さい。

そしてまた来年もよろしくお願いいたします。






[PR]
# by roma-nihon | 2017-12-16 23:36 | ローマ

ロ-マの水不足問題

春から夏にかけてロ-マに雨が降らなく水不足問題が深刻になりました。

このままだとイタリアは砂漠化していくのではと言われておりますが。。。

水の供給をしているロ-マ郊外のブラッチャ-ノ湖の水深も低くなり、このままでは断水を余儀なくされることに。。。

8月の中旬から9月初旬にかけて湖からの給水はなかったようですが、今ではまた給水がされているようです。

そんな中、干ばつ対策として、町のあちらこちらにある噴水のお水が停止しました。
ロ-マの町を歩いているとあちらこちらで見かける噴水。
市民や観光客に愛されている街角の給水所です。

c0260942_21543139.jpg

こちらはコロッセオ駅の横にある噴水。

c0260942_18464092.jpg
こちらもお水が止まっていますね。
c0260942_18465226.jpg
この向かい側には数年前に水道会社ACEAがおいてくれた無料の給水機があります。


c0260942_18474703.jpg
普通のお水と炭酸水が選べます。
これは有難いですね。
c0260942_18475770.jpg


ヴァチカン市国のサン ピエトロ広場にある噴水も止められました。
c0260942_18471944.jpg


しかし、これらの噴水が停止されたところで、わずか1%の節水しかできないとの声も上がっております。



消費者グル-プによるとロ-マの40%のお水は老化した水道管から漏れていると指摘。

こんな感じで水が漏れているのを見かけます。

c0260942_19154178.jpg
c0260942_19164900.jpg

そこでロ-マ市が水道管などの修理を約束したそうで、ここ数ヶ月、町のあちらこちらで水道管工事を見かけました。

c0260942_18412752.jpg
干ばつ問題が出てきて以来、一般家庭の水道水の水圧が下げられたことに気づきました。
おなべに水を張るのにとても時間がかかるので分かるんです。
ロ-マ在住の方、そう思いませんか?

そして我が家もとうとう6月中旬から一ヶ月半ほど断水がありました。
この時期は朝から夜中まで全く水が出なく、シャワ-を浴びたり洗濯や食器を洗うのは夜中12時過ぎから朝5時頃までの日課となっておりました。

しかし、断水とは間違った言い方かもしれません。
我が家はイタリアの3階、日本で言うと4階です。
我が家の下の階、つまり2階までは水圧は低くともお水は届いていたようです。
水圧が低いので3階の我が家までは上がってこないということですね。

時間が決まっているわけではないのでこの時間内でも水が出ないことがありとても不便でしたが、今ではこの時期より断水の時間が減って来ました。

しかしいきなり出なくなることも多々あり、生活のリズムが狂うことも。。。

今では水道管の修理も進み、40%の水漏れはないようです。

そして10月、11月で雨が降るようになり、少しは貯水が進んでいるのだろうと思いますが、一人一人が節水に心がけ、雨が降ってくれる環境でいられるように環境問題にも取り組んでいかないといけないのではと思っております。

[PR]
# by roma-nihon | 2017-11-18 22:16
食欲の秋ですね。
みなさん旬のものを使ってどのようなお料理を楽しまれていますか?
お料理をするのは形から入る方と、実践から入る方といると思いますが、
今回は形から入る方用に、
イタリアならではの調理器具のご紹介をいたします。


まずはパスタマシ-ン。
手打ちパスタを薄く伸ばすのに大変重宝する機械です。
c0260942_04301857.jpg
薄く伸ばしたパスタの上をこちらの棒で転がせばお好みの細さに切れるという賜物。
パッパルデッレ、フェッテゥッチ-二、スパゲッティ-と太さが違います。

c0260942_04295690.jpg

こちらは、パスタの生地を小さくちぎったものを
こちらの上を転がせば、下の写真のようなパスタが出来上がります。
c0260942_04285857.jpg

c0260942_04292486.jpg
こちらはオリ-ブの木でできているキッチン用具。
c0260942_04275496.jpg
おしゃれですね。
c0260942_04272103.jpg

我が家はオリ-ブの木でできてたまな板をおつまみ用のお皿としてよく使います。

c0260942_04262150.jpg

こちら、プンタレッレというチコリ-系のお野菜を食べれる部分だけを摘み取る機械。
c0260942_04322815.jpg
こちらがプンタレッレですが、こちらの先っぽだけを上の機械に通し、お水に浸しておくと。。。
c0260942_04382510.jpg

このようなカ-リ-なサラダになります。
c0260942_04383902.jpg

これにアンチョビとオリ-ブオリルやガーリックなどを混ぜたドレッシングをかけていただきます。

c0260942_03472911.jpg

写真はこちらからお借りしました。
http://www.chiamaroma.it/la-cucina-laziale-e-romanesca/




こちらのテラコッタのお鍋はイタリア人の家庭には必ずと言って良いほどあるかと思いますが
こちらでご飯をたくととてもおいしくできるんですよね~。 
だから日本人のご家庭にあってもおかしくない!
c0260942_04282373.jpg

これはパルミジャ-ノをするものですが、くるくるとハンドルを回すだけですれちゃうから間違って手をすっちゃう事はありません。(笑)
そして他のすり機と違い、すっている最中に横からこぼれて汚すこともありません。

c0260942_04325515.jpg
`こちらはチ-ズナイフ。
c0260942_04332078.jpg
そしてこちらはチ-ズスライサー。
使い方は下のYou Tubeをご覧になってください。
c0260942_04334423.jpg

こちらもチーズスライサ-。
c0260942_04340273.jpg
こんな風に使います。
c0260942_05044886.jpg
個人的に欲しいなと思っているスライサ-はこちら。
ハンドルを円を描くように回すとお花の形をしたチ-ズがスライスできます。
パ-ティ-などを華やかにしますね。
c0260942_05050224.jpg
こちらはパルミジャ-ノなどを砕くというか切るというか。。。のチ-ズカッター。
c0260942_04343508.jpg
こんな感じにも使われますね。
c0260942_05094407.jpg
写真はこちらからお借りしました。
http://www.stonecoastphotography.com/Events/Parmigiano-Reggiano-Cheese/


そしてトリフのスライサ-。
薄くスライスしたトリフを目玉焼きの上にふんだんにかけて食べたいですね~。
c0260942_04345542.jpg
ジェノヴェ-ゼのペストなどを作るときにこれでスリスリとペストを作るとおいしいでしょうね。


c0260942_04351790.jpg

パン用のまな板です。
パンを切る時に出るパンのくずが網の下に入ってくれます。

c0260942_04353694.jpg
ピッツァを切るはさみ。。。
こんなものを見つけましたが、イタリア人本当にこんなもの使うのでしょうか?
これ、はさみで切って、横のPizzaと書かれている部分にスライスしたピッツァをのせてお皿に出すようです。

c0260942_04360386.jpg
はさみとサ-バ-が一体化したものですよね。
便利というか。。。笑っちゃうアイディアものというか。。。(苦笑)
c0260942_04362061.jpg
そしてこちらの氷を作るビニ-ル。
便利なのか?便利でないのか?良く分からない商品です。
c0260942_04371499.jpg

我が家ではジュ-スを入れて凍らして、夏のおやつ作りに使っておりました。

ある意味便利ですが、この袋から取り出すのが結構面倒。

これだったらプラスチックのアイスメ-カ-のほうが便利かも。。。


c0260942_04372539.jpg
いかがでしたか?

日本ではなかなか見られない調理器具ですよね。

これらのものを使い分ければ、おいしいイタリアンが作れるはずです!

是非皆さんもご興味のあるものを使っておいしいものを作ってみてください。


[PR]
# by roma-nihon | 2017-10-20 03:29 | ローマ