ローマ日本人会の事務局スタッフによるブログ


by roma-nihon
前回はバスと地下鉄で行けるTivoliの日帰り旅行について書きましたが今回も電車で行ける日帰り旅行についてレポ-トします。

今回ご紹介するのはロ-マ法皇の避暑地であるカステル ガンドルフォ。

ロ-マテルミに駅からカステルガンドルフォ駅まで2.10ユ-ロのチケットで電車で40分ほどでです。

Castel Gandolfoの駅に到着するとそこから10分ほど坂を上って町の中心地まで行きます。
途中、下のような坂を上り、途中アルバ-ノ湖がきれいに見えてきます。
c0260942_18072296.jpg
この日はお昼過ぎに町についたのでまずはランチを!
町の中心にあるAntica Pasta all'Uovoにて昼食を取りました。
とてもかわいらしいお店で、お料理もとてもおいしかったです。

c0260942_18073376.jpg
その後ちょっと町の中心地を見学して。。。
c0260942_18055061.jpg

道の真ん中にレストランのテ-ブルが立ち並ぶCorso della Repubblicaですがとても個性的で素敵なストリ-トです。

c0260942_18060471.jpg
一本奥の道に入るとこんなお宅も。。。
レストランではないようなのですが、デコレ-ションがとってもおしゃれ。

c0260942_18062816.jpg


こちらはロ-マ教皇の宮殿です。
c0260942_18053620.jpg
さて、この日のハイライトは教皇宮殿のお庭ツア-でした。
前もって、ヴァチカン美術館のウェブチケットサイトにて予約をしておきました。

https://biglietteriamusei.vatican.va/musei/tickets/do?action=booking&codiceLivelloVisita=33&step=1

こちらのぺ―ジのGIARDINI DELLE VILLE PONTIFICIE
クリックしてみてください。

このツア-は一時間ほどのものですが、こちらの電気バスに乗って案内をしてくださるので暑い夏でも快適に見学ができます。
残念ながら日本語の音声ガイドはないのですが、英語のものでしたらありますので是非そちらをご使用下さい。

c0260942_18052630.jpg
まず予約したときに送られてくるヴァ卯チャ-をチケットに買えて、中庭に集合します。
そこには歴代の教皇の送る間が展示されています。(下左上)

先程の電気バスに乗り、いざ出発!
途中きれいにデコレ-ションカットされたお庭を見てまわります。
c0260942_18075290.jpg
途中途中、ガイドさんがオ-ディオガイドを何番にして下さい。と支持を出されるのでその指示に従いチャンネルを変えるとそれぞれのお庭の説明が聞くことができます。
c0260942_18080868.jpg
どこも素晴らしいのですが、私が個人的に目に留まったのが、イトスギ(チプレッソ)の葉がベルベットのように細かく生き生きとしているところです。
一般的に生えているイトスギで手入れをしないと高く伸びるすらっとした形はあっても、あのベルベットのようなふわふわと細かい濃いグリ-ンはできないかと思います。
特別にこちらのイトスギは剪定をされているそうですのでそのためこのようなきれいなものができているようです。
c0260942_18082417.jpg
もともとこの町は高台にありますが、お庭見学で下界が見える位置に来たときはとてもすがすがしく美しい景色が目にはいってきます。

こちらはヨ-ロッパの庭園ならではの美しい光景!

1時間ほどたっぷりと美しいお庭を見学してツア-は終了。
c0260942_18084471.jpg


この後町をちょっとぷらっとしてこんな素敵な景色を見ることができました。
レストランの入り口なのですが、窓から湖がきれいに見えるのです!


c0260942_18064809.jpg

アルバーノ湖が見えるスポットにやって来ました。
上から見ているだけでも美しいのですが、なんだか湖の水に触れたくなり、下へ降りていくことに。。。


c0260942_18061705.jpg
先程駅から上がって来た道をまた戻ります。
その道の名前はVia Della Stazione.
単純明快です。

c0260942_18070084.jpg
駅のところまで来たらそのまま下に降りていくのですが10-15分ほどで湖のほとりに出ます。


途中馬やポニ-を横目で見ながら。。。途中きれいな湖の景色も見え。。。

ついにほとりに到着しました!
c0260942_18085732.jpg
この日は天気が良かったので子供たちは水に入って気持良さそうでした。

湖の景色を楽しんだらまた駅へ。

行きは長く感じましたがまた湖から駅に戻るときは結構短く感じましたよ。

そしてまたCastel Gandolfo駅からTermini駅まで40分ほどで戻って来ました。

途中テルミに駅近くはロ-マ時代の水道橋も見えて雰囲気最高!

日帰りで、電車で行けるのがこのCastel Gandolfoの魅力ですね。

一日お時間のあるときにお勧めのスポットです!



[PR]
# by roma-nihon | 2018-06-10 18:58 | ローマ
4月下旬から5月の初旬にかけて気温が上昇し、このまま夏になってしまうのではないかと思うような天気でしたっが、ここ一週間ほど雨が降ったりちょっと気温が下がってきたロ-マです。


雨が降らなければ外に出るのが気持ちよくなってきたロ-マですが、今回は、そんなときにロ-マから日帰りできる観光地をご紹介いたします。

ロ-マ市街地から車で一時間ほどのTivoliという町にはユネスコの世界遺産に登録されたVilla d'Este(エステ家の別荘)があります。

エステ家の枢機卿、イッポ-リト 2世・デステはロ-マ法皇の座をめぐる争いに敗れてしまいます。そこでこちらは1550年,
彼がが隠匿生活をするために1560年代から建築されたものです。
アニオ川から地下水道を引いた大規模な工事が行われ、高いところに水を貯め、その水をパイプに流すことで水が高いところまで上がるようなあの当時では革命といわれる噴水技術を見せています。


こちらにはテルミに駅から地下鉄B線に乗りPonte Mammolo駅まで行き、そこからバスで1時間ほどで到着します。

車がなくても郊外の観光地に行けるって便利ですね!

まずはテルミに駅から地下鉄B線でRebibbia行きの電車に乗ります。
同じホ-ムから出るJonio行きの電車もありますが、それには乗らないように。
テルミに駅からPonte Mammolo駅までは20分くらいだったと思います。

Ponte Mammolo駅を降り、改札を出るとその先にバスのチケットを売っている売店が出てきます。

こんな感じのところでバ-ルの横でチケット購入ができます。

c0260942_16062896.jpg

こちらでティヴォリ行きのチケットを片道、2.20ユ-ロで購入しますが往復を買っておくことをお勧めいたします。 
c0260942_16064445.jpg
チケット購入後この横から出ている階段を上り、バスタ-ミナルに出ます。
Tivoli行きのバスに乗るのですが、階段を上りきってタ-ミナルを目の前にしたら左側のところからTivoli行きのバスが出ています。
モニタ-にもTivoli行きと出るはずですが、運転手さんに確認の上、乗ってください。

バスはティブルティ-ナ地域を通り、郊外へ進んでいきます。

途中採石場の周りを通るのですがそのあたりは硫黄のにおいがしてきます。
そして深く掘られた採石場をバスの中から見学することもできます。

ティヴォリに着く前にVilla Adrianaへ行くための停留所にとまります。
ここから20分ほどかけてVilla Adrianaへ行くのですが、Villa d'Esteに行くにはそのまま乗り続けます。

Villa d'Esteへは、ガリバルディ広場で降りるのですが、そこがどこかちょっとわかりにくいので、運転手さんのそばに座って確認するか、回りに座っているロ-カルの人に聞くとよいかと思います。

さて、ガリバルディ広場で降りて広場を横断してVilla d'Este(エステ家の別荘)入り口に到着。

ここでチケットを購入して中に入ります。
c0260942_15374755.jpg


まずはお屋敷の中を見学。

フレスコ画や屋内の噴水に圧倒されます。
c0260942_15380414.jpg

お屋敷のバルコニ-から下をお庭を見下ろしたところ。

c0260942_15382257.jpg

上から見ただけでもわくわくいたします。
早く下に行って噴水を見てみたい!
そんな気分で階段を降りていきました。
c0260942_15383655.jpg
ちょっと階段を下がってきたところからの眺め。
まだまだ下の方に下がります。
c0260942_15385388.jpg

上の写真のところから左の方へ降りる階段を降りてくると船の形をしたFontana di Romettaが出てきます。

c0260942_15482231.jpg

その後ろの方を歩いていくと100の噴水が見てます。
色々なところから水が出ていてさすが、100の噴水と呼ばれるだけありますね。

c0260942_15415502.jpg

それぞれ顔の違った動物の口から水が出ております。
c0260942_15422953.jpg
この100の噴水沿いを歩いていくとその先にはFontana dell' Qvatoがあります。


c0260942_15425177.jpg

そこから上に上がり、オルガンの噴水を背にしてみた景色がこちらです。
圧倒されますね。
イッポ-リト 2世・デステ枢機卿の権力や財力を思い知らせるような気がします。

c0260942_15430708.jpg

こちらはオルガンの噴水の方を下から眺めたもの。
c0260942_15434194.jpg
そして下からまた上に上がっていく際に通ったこの坂ですが、端には水が流れていて素敵な坂でした。
その流れてきたお水が顔の口から出てくるからくりは何ともかわいらしい。
c0260942_15483608.jpg
この坂を上りきったところにある噴水ですが、上から眺めたときも力強かったけど、下から見ても四方から
出ている噴水でとても力強く美しかったです。

こちらの両サイドからは半円を描くように水が上から流れてきていました。
デザインがとてもエレガントです。
c0260942_15484920.jpg

最後にもう一度オルガンの噴水のところに行って、2時間に一回行われるオルガンの演奏を聴いてきました。

プログラムされた音楽が10:30から18:30まで2時間おきに聞くことができます。


c0260942_15490317.jpg
今の季節にこの圧倒されるほどの数の噴水を目の前にするのも気持ちがよいのですが、こちらは高台にあるという事と、噴水の水のおかげでロ-マ市内より気温が数度低くなっています。

ですので夏に訪れるのも悪くないでしょう。

何より地下鉄とバスで行けるというのが魅力的ですね!

帰りはTibrutina行きやPonte Mammolo駅行きのバスに乗って終点のPonte Mammolo駅で降りて同じように地下鉄の乗ってテルミに駅まで帰ってきます。

とうぞお楽しみ下さい!


[PR]
# by roma-nihon | 2018-05-09 16:57 | ローマ

ロ-マでカフェ休憩

ロ-マチェントロに遊びに来られた際、ちょこっと休憩をしたいな~なんてときありませんか?
今回は個人的にお勧めのバ-ルやカフェをご紹介します。
どちらもパンテオンやナヴォ-ナ広場を中心としてその周りにあるお店です。

c0260942_01254884.png
1.Caffè Doria
Via della Gatta, 1, 00186 Roma
c0260942_00320903.jpg

ドリア宮殿とは繋がっていないので、宮殿の裏側に当たるVia della Gattaに入り口から入ります。

c0260942_00321887.jpg


屋内に噴水があったり内装はクラシックな雰囲気で、落ち着いた空間です。 


c0260942_00323099.jpg


この日は朝食をこちらで頂いたのでコルネットとカップチ-ノですが、お茶やケ-キもおいしそうなものが置いてありました。


c0260942_02075018.jpg
座っていただいたカップチ-ノは4ユ-ロでした。



2.Vivi Bistrot
Piazza Navona, 2, 00186 Roma RM
http://www.vivibistrot.com/en/

c0260942_00325735.jpg


こちらはナヴォ-ナ広場の一角にあるカフェ。
ブラジル大使館の横あたりといったらよいでしょうか?
こちらは外のテ-ブルで屋内はもっと多くの席があります。
これから春先、初夏はこちらのテ-ブルに座り、そこからナヴォ-ナ広場の素敵な景色を見ながらお茶をするのもとてもよいものです。


c0260942_00331065.jpg


こちらのパニ-ノが美味しいんです。
全粒粉でできているパンにパストロ-ミば入っているもの。
食べ応えのあるパニ-ノでした。
こちらでカップチ-ノを頂いたこともありますが、2.50ユ-ロとリーズナブルです。

c0260942_00332473.jpg
3.Bar del Fico
Piazza del Fico, 34/35, 00186 Roma RM
http://www.bardelfico.com/
c0260942_00335637.jpg


こちらはナヴォ-ナ広場の裏あたりに位置するバ-ル。
バ-ルの前ではおじさんたちがチェスをしているのをよく見かけます。


c0260942_00341132.jpg


内装がいまどきのおしゃれなカフェ風です。

カフェだけでなく、お食事もすることができます。



c0260942_00343566.jpg


週末はビュッフェスタイルのランチがあり、屋内のテ-ブルだけでなく、屋外のテ-ブルで頂くことも可能です。
天気のよい日は屋外のテ-ブルで頂くのも気持ちいものです。



c0260942_22203010.jpg

こちらでは座っていただくカップチ-ノは2.50ユ-ロなり。



4.Carrefour Express 3 Minuti
Via dei Cestari, 43, 00186 Roma RM

c0260942_05131486.jpg

こちらは以前のブログでご紹介したコンビニのようなス-パ-マーケット。

c0260942_05143527.jpg


パンテオン近くにあり、ちょっとしたカウンタ-席があるので店内で自分で作ったカフェをこの席に座っていただくことができます。
コンセントやwifiもあるのでちょっとした休憩には便利ですね。


c0260942_05155432.jpg

お菓子もいろんな種類が置いてありますし。。。


c0260942_05171912.jpg


コ-ルドドリンクも豊富です。


c0260942_05183638.jpg
5.Barnum Cafe
Via del Pellegrino, 87, 00186 Roma RM
http://www.barnumcafe.com/

c0260942_17112720.jpg


カンポデフィオ-リに近いこのカフェ、Free Wifiが使えてランチとディナ-時間以外はPCを使い、
お勉強やお仕事をすることができる環境が人気のようです。

c0260942_17111380.jpg

いまどきのおしゃれな内装のこのカフェは、コーヒー以外にもお茶を楽しんだり、ドルチェも頂くことができます。
ランチやディナ-もこちらで頂いてみたいなと思いました。

カップチ-ノをテ-ブルに座っていただいても1.80ユ-ロとこれまたリーズナブル。

c0260942_17115632.jpg

お隣にはかわいいお客さんも座っておりました。
今までこのようなお客さんを見たことがなかったのですが、ペットフレンドリ-なお店のようです。

c0260942_17114246.jpg



6.Sant' Eustachio il Caffe
Piazza di San Eustachio, 82, 00186 Roma
http://santeustachio-il-caffe.negocio.site/

c0260942_22235750.jpg


パンテオン近くにあるこのカフェ、とても有名ですね。
天気のよいときはお外でカフェも気持ちがよい!



c0260942_22241045.jpg
こちらでカップチ-ノを立ち飲みしたら1.80ユ-ロです。

奥には座ってカフェをいただけるスペ-スもあります。

こちらのコーヒー豆や、カフェグッツの購入も可能です。
c0260942_22242782.jpg



7.La Casa del Caffe Tazza D'Oro
Via degli Orfani, 84, 00186 Roma
http://www.tazzadorocoffeeshop.com/

c0260942_02034538.jpg


こちらも有名なカフェで皆さんご存知かと思いますが、パンテオンのそばを通ったら入りたくなるバ-ルです。
座ってのむことはできませんが
(ベンチのような椅子が数個ありますがテ-ブルに座って飲むような雰囲気ではありません。)
ささっと美味しいカフェを頂きたいときには便利なバ-ルですね。

c0260942_22272548.jpg
こちらのカップチ-ノは1.50ユ-ロです。

c0260942_22275607.jpg


8.Rome Free Lounge
Piazza d'Aracoeli, 16, 00186 Roma
http://www.romefreelounge.com/



こちらはヴェネチア広場のバス停のすぐ横にあるフリ-ラウンジです。


c0260942_23511826.jpg

入り口を入ると受付の方が迎えてくださいました。
こちらではロ-マ観光をする際に便利なツア-やハイヤ-サービスなど色々なインフォをくれたり、それらの申し込みができるようになっています。
荷物を預けるサービスもあるとおっしゃっていました。

有料ですがトイレもあります。

c0260942_23513268.jpg


中に入るとコ-ルドドリンクやお菓子、そしてコーヒーの自動販売機もおいてありました。

c0260942_23520707.jpg

そしてラウンジがあり、多くの座り心地の良い椅子がおいてありました。

こちらではフリ-wifiがあり、誰でも無料でつなげることができます。

有料ですがPCも設置されていて、使うことができるそうです。

c0260942_23514988.jpg


これらのカフェでちょっと休憩をしてパワ-チャ―ジをしてからまた永遠の都を駆け巡るのもよいのではないでしょうか。


[PR]
# by roma-nihon | 2018-04-14 01:50
ロ-マの町を歩いていて目に付いた153.png153.png153.png153.png153.pngな風景を今回ご紹介いたします。

こちら、パンテオン近くのとある建物。。。


c0260942_17493674.jpg

近づいてよく見ると建物の壁にスクリ-ンが埋め込まれている。
c0260942_17483650.jpg
こんな風にです。。。
日本ではこのようなことはありえるかもしれませんが、
歴史地区は概観を守るために色々な規制があるのでこのようなモニタ-が歴史的建物に埋め込まれているのが153.png153.png153.png153.png153.pngでした。

c0260942_17501962.jpg

ある雨の日にバスに乗ったら。。。
曇ったドアに何かが書かれている。。。


c0260942_17512878.jpg
近づいて見てみると。。。
アニメマン162.png
と書かれていました。
日本好きなイタリア人が書いたのかな?
かわいらしくてほっこりしました。110.png
c0260942_17514112.jpg

こちら、よく見ると横断歩道の何本かの線が端まで引かれていません。153.png153.png153.png153.png153.png
理由は、線を引いた日にここに車が止まっていたからだそうです。
工事を担当した方が、ここに止まっていた車をレッカ-せずに工事を進めたことがこのような結果を生み出しました。

c0260942_17521281.jpg
こちらの写真はこちらからお借りしました。
http://www.ilmessaggero.it/AMP/strisce_pedonali_un_versione_ridotta_per_colpa_dell_auto_in_divieto_di_sosta-3433703.html?__twitter_impression=true


そして歩道を歩いていたら。。。
自転車の悲しい姿。。。153.png153.png153.png153.png153.png
太い鉄のチェ-ンで道路標示のポ-ルにくくりつけられていた自転車ですが、その骨組み以外、盗める部分は全て盗んでいかれた状態でございます。
まあ、よくここまできれいに解体できるものだと感心してしまいますが、盗まれた当人は相当なショックを受けているのではないでしょうか?
c0260942_17515697.jpg
最後に、皆さんもすでにご覧になったことがあるかもしれませんが、とあるストリ-トでヴァチカン市国のサンピエトロ大聖堂のク-ポラを見ると目の錯覚が起きて面白いように見えるものです。

そのストリ-トがVia Nicolo Piccolomini.
c0260942_17532493.jpg
バスで行くとすると982番でPiccolomini N.(Cardinale Ferrata)で下車。
このストリ-ト、400-500mくらいありそこには3つバス停があるのですが、ク-ポラから一番離れたこのバス停で降ります。
c0260942_17533478.jpg
バスを下車したあたりで向こうのほうにサンピエトロ大聖堂のク-ポラが大きく見えます。
写真だとこの目の錯覚が上手く写りませんがこのようにク-ポラが見えてくるのです。

c0260942_17540530.jpg
上の場所から目ではこれくらい大きなク-ポラに見えます。
(これはズ-ムで撮っています。)
c0260942_17541671.jpg
バスを下車したところからク-ポラに向かって歩いていきます。
道を半分くらいいったところの写真です。

c0260942_17542922.jpg
もっと近づいて道の一番先端に到着。
ここからクーポラを見ると先程バスを下車したところからク-ポラには近づいているはずなのに、先程よりク-ポラが小さく見えるんです。
153.png153.png153.png153.png153.png
これは目の錯覚なのですが、ここを車で走るとよくわかると思います。

c0260942_17544142.jpg
天気のよい日にバスに乗ってちょこっとこんな風景を見に行ってみるのもよいのでは。


[PR]
# by roma-nihon | 2018-03-14 17:42

ここつい最近、目に入ったり耳にした便利なローマ情報をお伝えいたします。


1.フライングタイガ-プレイル-ム


日本でもおなじみのデンマ-クのFlying Tiger はロ-マにも何店舗かありますが、かわいらしい商品とお手軽なお値段で多くのイタリア人にも人気ですね。

先日、ヴェネチア広場にあるこのお店をのぞいてみたところ、この時期ですのでヴァレンタイングッズがいっぱいおいてありました。


c0260942_05030766.jpg


何に使うか分からない心臓の形をしたものが売っておりました。いくら、ヴァレンタインがハ-トのシンボルだとしても、心臓ってちょっとグロテスク。105.png


c0260942_05045253.jpg



で、ふと、目に入ったのがこれ。。。

ロフト状になっている2階。。。


Do you wanna play?

Come up & Play!



c0260942_05060004.jpg

お店の奥に入ってここがどんな風になっているのか覗いてみました。


c0260942_05073489.jpg



Free wifi とも書いてある~。

階段になっていて上に上れるようになっている。


c0260942_05090066.jpg


2階にたどり着くと、壁にはこんな風に携帯を充電できるようにコンセントの穴がありました。

そしてwifiをつなげてみました。

wifiのサインは付くけど、ウェブサイトを開けようと思っても開きませんでした。


c0260942_05103292.jpg


これは残念。



この2階では地元の高校生くらいの男の子たちがピンポンをしていました。



c0260942_05110904.jpg


無料で遊べるみたいです

もう一人、男性が椅子に座って充電をしながら携帯を見ていましたね。

wifiは繋がらないかもしれないけど、座って充電できるのはうれしいですね。


それにしても、こんな一等地にこんな空間を作ってくれるなんて。。。

タイガ-も太っ腹ですね。

充電などしたい人、ちょっと休憩って感じでこちらの2階を使ってみてはどうでしょうか?


FlyingTiger

ViaCesare Battisti, 130, 00187 Roma RM








2コンビ二風ス-パ-



イタリアには日本のコンビ二のようなお店ってありませんよね。

このごろミニマ-トがローマにたくさんできましたが、日本のあのコンビ二感覚とはまたちょっと違いますよね。

こちら、先日パンテオンのそばを歩いていたらふと目に入ってきました。


c0260942_05131486.jpg

カリフ-ル系のス-パ-?コンビ二?です。

お店に入ってみると。。。



お惣菜のようなものが置いてあって、ランチセットメニュ-があったり、パッケ-ジのサラダや暖めるだけのス-プやパスタが売っていて、お店においてあるレンジで暖めて、カウンタ-に座って食べることができます。

c0260942_05141369.jpg

c0260942_05163433.jpg

c0260942_05143527.jpg


オレンジのスプレム-タ(オレンジのフレッシュジュ-ス)やカフェの機械が置いてあるので自分で作ることができてこちらで飲むことができます。


c0260942_05150520.jpg

c0260942_05152896.jpg

カウンタ-には充電のできるコンセントや、wifiのパスワ-ドもあり、ちょっとした休憩時間に充電やネットをチェックすることも可能です!


c0260942_05155432.jpg

wifiをつなげてみましたが、こちらのはちゃんとつながりウェブペ-ジを開けることができました。


お菓子なども豊富です。


c0260942_05171912.jpg

普通のス-パ-では冷たい飲み物の種類が少ないのですが、こちらは日本のコンビ二のように飲み物の種類が豊富。

お値段もお手ごろです。


c0260942_05183638.jpg


パンテオンとラルゴ アルジェんティ-ナの中間くらいにあるお店です。

CarrefourExpress

Via dei Cestari 42/44 - Roma




3.ローマ市民は年間会員5ユ-ロで美術館へ制限なしで入場可能!


ロ-マ市長、Virginia Raggiさんがロ-マ市民のために素晴らしい企画を立ててくださいました。

今年の春から始まるというこの企画、ロ-マ在住の市民であれば、年間5ユ-ロを支払いMic会員になれば、下記の美術館への無制限の入場ができるというのです。


Musei Capitolini

Museo dell’Ara Pacis

Museo dei Fori Imperiali-Mercati di Traiano

Museo di Roma

Museo di Roma in Trastevere

Galleria d’Arte Moderna

Museo della Centrale Montemartini

Musei di Villa Torlonia

Museo di Zoologia


このようなものができれば、ロ-マ市民もよりいっそう美術に親しみやすくなりそうですね。


現在無料で入れるこれらの美術館もこのプログラムの付け足されるようです。

Museo napoleonico

Museo di scultura antica Giovanni Barracco

Museo Carlo Bilotti

Museo Canonica

Museo delle Mura

Museo della Repubblica Romana e delle Memoria garibaldina

Villa di Massenzio

Museo di Casal de’ Pazzi



ロ-マ日本人会の会員の皆様、ぜひこのチャンスにこのMic会員になられてはいかがでしょうか?


[PR]
# by roma-nihon | 2018-02-07 03:33