ローマ日本人会の事務局スタッフによるブログ


by roma-nihon

カテゴリ:未分類( 11 )

ここ数年でロ-マの普通のス-パ-にビーガンやベジタリアンの加工食品、そしてグルテンフリ-食品が並ぶようになりそのセクションが毎年大きくなっているように思えます。


ビーガンやベジタリアン人口が増える中に、宗教的、道徳的な目的以外に健康を目的としたビーガンやベジタリアン人口が近年増えているようです。

お肉やお魚、そして動物性食品を全く取らないような食事ではなく、なるべくそういった食品を取らずに健康な食生活を送ることができるように気を付けているのが健康を目的としたベジタリアンやビーガンです。

理由がどんなことであれ、一般のス-パ-でこのような食材が簡単に手に入るようになったことは事実ですのでべジタリアン、ビーガン人口が増えてきていることは確かなんだなと実感いたします。


ス-パ-のベジタリアン食品セクション


c0260942_01281873.jpg
写真はこちらからお借りしました。
https://carmenluciano.com/2014/06/06/guida-agli-acquisti-vegan-nei-supermercati-esselunga/




ロ-マにビ-ガン専門のス-パ-があります。 ネットショッピングも可能です。

I Vegano
Via Angelo Emo 125, 00136
https://shop.ivegan.it/



こちらで売られているビーガンサラミ
大豆の粉やナス、そしてハ-ブなどでできているそうです。

c0260942_01221125.jpg



ビーガンツナなるものまで現在はあるんですね。
こちらも大豆の粉とコ-ンスタ-チ、みりんや海藻などでできているようです。
材料は日本食っぽいですね。
c0260942_01195494.jpg




ミラノではビーガン保育園なるものが2015年11月に開園しました。

こちらでは給食等にビーガンメニュ-を提供するだけでなく、使用するオムツや使う家具やおもちゃも自然素材からできているものを使用するというなるべく自然で、エコな環境で子供たちを育てるというモット-があるようです。



c0260942_00000964.jpg
写真はこちらからお借りしました。
http://www.nidonatura.com/gallery/

この保育園のほかに、パルマ県の私立の小学校でベジタリアンメニュ-を給食で出すところがあるそうです。

2017年にロ-マ市議会で学校給食のベジタリアン/ビーガンメニュ-の取りいれの決議で25が賛成、7が反対との決議が出ました。
子供たちに健康的そして宗教的な特別な食習慣を学ばせるためにこのベジタリアン、ビーガンメニュ-の取りいれがされるようだ。




ロ-マにはベジタリアン、ビーガンメニュ-を出すお店が増えてきている。

ロ-マ中心地にあるIl Marguttaはベジタリアン、ビーガンの専門のレストランである。
こちらの人気の
ベジタリアン/ビーガンレストランのビュッフェスタイルブランチではここはオ-ガニック食材を使い
50レシピの中からお料理が作り出され、味よりも栄養価を第一に調理工程が行われるとのこと。
外食でオ-ガニック食材を使用の上栄養価の高いお料理が食べれるのはとてもうれしいことですね。
https://ilmargutta.bio/

c0260942_00583688.jpg
写真はこちらからお借りしました。
https://ilmargutta.bio/brunch/


スペイン広場やパンテオン近くにあるGingerというレストランはすべてのメニュ-がベジタリアン、ビーガンではないが、ベジタリアンやビーガンそして乳製品やグルテンの入っているお料理が食べれないお客さんのために
それぞれのメニュ-の横にお料理のタイプが記されていてこれらのお客さんでも自分に適しているお料理を探しことが容易になっている。
https://www.gingersaporiesalute.com/it/menu


c0260942_01014632.png
写真はこちらからお借りしました。
https://www.gingersaporiesalute.com/it/chi-siamo



個人的な経験から行くと、日本よりイタリア国内で外食をする際にベジタリアンのお料理を何かしら探すことは簡単かなと思っています。
大抵どこでも出している、シンプルなトマトソースのパスタを注文すればベジタリアン/ビーガンメニュ-ですし、付け合わせでお野菜が何種類か大抵注文することは可能です。

日本の場合、目には見えなくてもお出汁にかつおだしなどのお魚が使われているとベジタリアンやビーガンはたべれません。
日本ではこのようなお料理が結構あるのですが、来年のオリンピックに向けて多様な食文化から来られる観光客の皆さんに対応できるようにレストラン業も変わっていくのかなと思っております。



by roma-nihon | 2019-03-10 01:31
2月といえばヴァレンタインズデ-ですね。

ロ-マでもヴァレンタインズデ-のグッズが見れるようになりましたが、日本ほどそこまでヴァレンタインズデ-に商業的な感じは感じられません。

言い伝えからヴァレンタインズデ-の発祥はロ-マに関係深いことを知りました。

言い伝えなのでいくつかのスト-リ-があるのですが、

まず一つは。。。

3世紀のロ-マでまだキリスト教が認められていないころ、ロ-マ帝国皇帝のクラウディウス2世はロ-マ軍の兵士は独身男性の方が良い戦士であれるという考えから婚姻を禁止しました。
しかしキリスト教の司祭であったヴァレンタインは愛し合う兵士とその恋人たちを哀れに思い、彼らのために秘密で結婚式を行っていました。
その行動がクラウディウス2世の耳に入り2月14日にヴァレンタインを処刑したのです。
そんなことからヴァレンタインの処刑された2月14日がが恋人たちの日となったようです。

そしてもう一つの言い伝えは。。。

司祭であったヴァレンタインがロ-マ軍にに捕まっていたキリスト教信者を牢屋から逃がしてあげたことに対して処刑されたらしい。
そして彼自身が監獄に入っていた際にある女性に恋をするのです。 おそらく同じ受刑者の娘さんでお父さんにこの娘さんが会いにきた際にヴァレンタインとは知り合ったのではないかといわれている。
そして彼が処刑される前にこの彼女に手紙を書くのですが、”君のヴァレンタインより”という署名をしたらしい。
英語だとFrom Your Valentineという訳になるがそれからヴァレンタインズデ-近くになると英語圏よく使われるフレ—ズとして、
Will you be my Valentine(恋人になってくれる?)とか、
Be my Valentine(恋人になって)とか、
You are my Valentine(君は僕の大切なとか特別な人だ)
なんてValentineという言葉を使い愛を告白したりするようになったらしい。

そんな言い伝えがあるので2月14日には恋人たちがお祝いをするのですね!

日本では女性が男性にチョコをプレゼントする日ですが、欧米では一般的に男性が女性にプレゼントをしたり、特別に女性のために何かをしてあげることが多いと思います。

しかし何かを作ってあげるって楽しいことですので、我が家ではチョコを作ってみました!
チョコを溶かして固めるだけのものですので簡単ですよ!

レシピです。

1、まず板チョコなどを小さく砕きボウルなどに入れて湯煎で溶かします。

c0260942_04384642.jpeg

このように溶けてきました。

c0260942_04393650.jpeg



2、お好きなサイズの紙の型にチョコの中に入れるものを入れておきます。

c0260942_04422191.jpeg
今回はドライフルーツのローズヒップとイチゴそしてシリアルを使用してみました。

c0260942_04415163.jpeg



3、そこに溶かしたチョコを入れていきます。




c0260942_04430482.jpeg

4、シリアルは チョコと待ち合わせて型に入れます。

c0260942_04450808.jpeg

上にアーモンドを乗せてデコレーション。
このチョコはクランチーチョコと名付けよう!


c0260942_04455749.jpeg

5、ホワイトチョコも同じように湯煎で溶かします。

c0260942_04472171.jpeg

6、ホワイトチョコもドライフルーツのローズヒップ、いちごそしてアーモンドを中に入れてみました。


c0260942_04482832.jpeg

7、チョコを流し込み、上にもデコレーションをしてこんな感じに仕上がりました。

c0260942_04501094.jpeg


c0260942_04354592.jpeg


今回あまりおしゃれにデコレーションができなかったけど
みなさんご自分のお好きなものを溶かしたチョコと混ぜて、可愛くデコレーションをしてプレゼントしてみるのはいかがですか?




ロ-マのカル二ヴァ-レイベント

★2月28日(ジョヴェディ グラッソ)からの3月5日(マルテディ グラッソ)までナヴォ-ナ広場からスペイン広場、コルソ通り、そしてポポロ広場まで仮想をした人たちのパレ-ドのようなものが見れるそうです。

★2月16日から3月3日までの毎週末、
Luner Park, Via delle Tre Fontane 100
ではダンス、ゲ-ム、紙吹雪の投げ合いから公園ではア—ティスト、ジャグリング、イタリアの伝統的なカ-二バルのプルチネッラ、コロンビーナ、ルガンティ-ノ、そしてパンタロ-ネの格好をしたダンサ—が見られるようです。
16時半からカザマジカでパレード、そしてベイビーダンスそして紙吹雪の戦いが行われるそうです。


素敵なヴァレンタインズデ-と楽しいカル二ヴァ-レをお過ごしください!



by roma-nihon | 2019-02-11 05:02
今年も残すところ3週間ほどになりました。
皆さんの2018年はどのような一年でしたでしょうか?

さて、昨日、サンピエトロ広場のクリスマスツリ-とプレゼ-ぺを見てきました。


c0260942_18541527.jpeg
ヴェネチア近くのビ-チの街、Jesoloは2002年よりビ-チの砂でプレゼ-ぺを作成しているそうです。

今年はそのJesoloのビ-チから来た砂でサンピエトロ広場のプレゼ-ぺが作られています。

c0260942_18564477.jpeg
      ツリ-はカンシリオの森からやってきた木で、フリウリ、ヴェネチア、ジュリア州の
コンコルディア、ポルデノ-ネ教区からの寄付だそうです。
 
c0260942_18581033.jpeg
ライトアップされたサンピエトロ広場はとてもきれいでした。

c0260942_18592477.jpeg
さて、クリスマスが近づいてきて家族やお友達へのギフトショッピングが忙しい時期ですが、お店で購入したプレゼントだけでなく、手作りギフトをプレゼントするのも楽しいものです。

今回は簡単にできる手作りギフトのアイディアを皆さんにご紹介いたしますね!



1.クッキ-ミクスチャ-。

c0260942_18595969.jpeg

クッキ-づくりに必要な材料を瓶に入れてプレゼントするものです。
いただいた人はその材料にバタ-と卵を入れて混ぜ合わせ、形にしてオ-ブンで焼けばよいものです。
自分なりにデコレ-ションした瓶に自分の好きなクッキ-レシピの材料を入れてあげるだけの簡単なもの。
個性が出るプレゼントだと思います。

作り方は簡単。
自分の好きなクッキ-レシピの材料を順番に瓶に入れていきます。
小麦粉や砂糖の白と黒砂糖やチョコチップの黒などを順番良く入れることによって白/黒のレア-をきれいに見せて入れるのがポイント!

いただいた人は、瓶に入った材料と自分で用意した室温に戻した卵やバタ-を一緒に混ぜ合わせて丸く形にしてオ-ブンで焼くだけ。

必要な卵とバタ-の量、そして何度のオ-ブンで焼くかなどを記したものを一緒に渡します。

  

こちらは瓶の中身と卵やバタ-を入れてかき混ぜるところと出来上がったクッキ-。


c0260942_19003569.jpeg


2.キャラメルポップコーン

c0260942_01514989.jpeg

ポップコ-ンにキャラメルがコ-ティングされているものですが、子供にも大人にも人気のあるものです。
まず用意するものは。。。

110g ポップコーン
110g バタ-
220g 黒砂糖
60ml コ-ンシロップ*
1/2小匙 塩
1/4小匙 重曹

作り方
1.まずはオ-ブンを90度に設定し、ポップコ-ン*を作ります。(電子レンジで作るものやお鍋で作るものでもどちらでも可)

c0260942_19011976.jpeg

*コ-ンからお鍋でポップコーンを作るときのコツ!
お鍋にコ-ンオイルやサンフラワ-オイル、もしくはココナッツオイルを敷き、加熱します。
そこに一粒のコ-ンを入れてポンとコ-ンが破裂したら火を止めて30秒ほど待ちます。
30秒後お鍋に作りたい分量のコ-ンを入れて火にかけます。
この時に蓋はしっかりするのでなく少しだけ開けて空気が出るようにしてください。
ぽんぽんと勢いよくコ-ンが破裂する音が聞こえ、徐々にこの音の間隔が長くなってきたら火を止めます。
必要に応じ、途中でお鍋を振って全体に火が回るようにしてください。

2.コ-ンシロップの代用を作ります。
*イタリアではなかなか手に入りにくいものなので代用できるもののレシピをこちらに記載いたします。
もしくははちみつなどで代用可能です。


c0260942_19021137.jpeg

コ-ンシロップ代用の材料
100g砂糖
1/2小匙 レモン汁
40cc 水
20g 粉砂糖
上記の粉砂糖以外の材料を中火にかけてよく溶かし、ぶつぶつというまで煮立てたら粉砂糖を入れてよく混ざったら火を止めます。


                             

3.バタ-をお鍋に溶かし

c0260942_19032623.jpeg

4.黒砂糖、コ-ンシロップ(代用もしくははちみつ)そして塩を入れてよく混ぜ合わせます。

c0260942_19042484.jpeg



5.4でよく混ざったら、かき混ぜず4分ほど煮立てます。写真のようにふつふつなってきたら重曹を入れてちょっとかき混ぜて出来上がり。

c0260942_19050962.jpeg

6.1で作ったポップコ-ンに5でできたキャラメルをかけて全体にキャラメルが絡むようによく混ぜ合わせオ-ブンシ-トを敷いた鉄板に平に乗せます。
 注意!!!出来立てのキャラメルはとても熱いので混ぜる際は注意してください。

c0260942_19065733.jpeg



7、それを90度のオ-ブンに一時間入て乾燥させます。
全てが平等に乾燥するように15分おきによくかき混ぜてください。
1時間ほど乾燥させたものをオ-ブンから取り出し、冷めたら固まっているものを手でほぐし、
プレゼント用に小分けして完成!


c0260942_19073962.jpeg

3.バスソルト

c0260942_01523055.jpeg
お風呂につかる習慣があまりないイタリア人でもこちらのバスソルトで足湯をしてもらえばお風呂の気持ちよさを少しわかってもらえるかもしれませんね。

バスソルトの作り方は簡単。

材料
粒子の荒いシ-ソルト  大匙6
エプソムソルト*    大匙3
重曹         大匙1
アロマオイル     適量
食紅(オプション)  適量

*エプソムソルトはイタリアの薬局で購入可能です。
薬剤師さんにSolfato di Magnesioと言えば何のことかわかってもらえると思います。
30gで1ユ-ロほどのものです。




c0260942_01541572.jpeg

食紅はイタリアのスーパーで手軽に入るビーツの赤い汁を使いました。


c0260942_01584552.jpeg


1.ボウルにアロマオイルと食紅以外を入れてよくかき混ぜなす。

c0260942_01550121.jpeg
2.1にアロマオイルを数的たらしよくかき混ぜます。

c0260942_01552508.jpeg
3.食紅を2に数滴たらし、よくかき混ぜて全体に色を付けます。

c0260942_02001106.jpeg


4.瓶に詰めて蓋をし、レベルなどを付けて出来上がり。


c0260942_01561206.jpeg

手作りのギフト、いかがでしょうか?

お子様とホ-ㇺメ-ドギフトを作るのも楽しいものですね。


今年もロ-マ日本人会を応援してくださった皆様、ありがとうございました。

2019年がみなさまにとって素晴らしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます。
来年もよろしくお願いいたします。




by roma-nihon | 2018-12-10 02:31

ロ-マでカフェ休憩

ロ-マチェントロに遊びに来られた際、ちょこっと休憩をしたいな~なんてときありませんか?
今回は個人的にお勧めのバ-ルやカフェをご紹介します。
どちらもパンテオンやナヴォ-ナ広場を中心としてその周りにあるお店です。

c0260942_01254884.png
1.Caffè Doria
Via della Gatta, 1, 00186 Roma
c0260942_00320903.jpg

ドリア宮殿とは繋がっていないので、宮殿の裏側に当たるVia della Gattaに入り口から入ります。

c0260942_00321887.jpg


屋内に噴水があったり内装はクラシックな雰囲気で、落ち着いた空間です。 


c0260942_00323099.jpg


この日は朝食をこちらで頂いたのでコルネットとカップチ-ノですが、お茶やケ-キもおいしそうなものが置いてありました。


c0260942_02075018.jpg
座っていただいたカップチ-ノは4ユ-ロでした。



2.Vivi Bistrot
Piazza Navona, 2, 00186 Roma RM
http://www.vivibistrot.com/en/

c0260942_00325735.jpg


こちらはナヴォ-ナ広場の一角にあるカフェ。
ブラジル大使館の横あたりといったらよいでしょうか?
こちらは外のテ-ブルで屋内はもっと多くの席があります。
これから春先、初夏はこちらのテ-ブルに座り、そこからナヴォ-ナ広場の素敵な景色を見ながらお茶をするのもとてもよいものです。


c0260942_00331065.jpg


こちらのパニ-ノが美味しいんです。
全粒粉でできているパンにパストロ-ミば入っているもの。
食べ応えのあるパニ-ノでした。
こちらでカップチ-ノを頂いたこともありますが、2.50ユ-ロとリーズナブルです。

c0260942_00332473.jpg
3.Bar del Fico
Piazza del Fico, 34/35, 00186 Roma RM
http://www.bardelfico.com/
c0260942_00335637.jpg


こちらはナヴォ-ナ広場の裏あたりに位置するバ-ル。
バ-ルの前ではおじさんたちがチェスをしているのをよく見かけます。


c0260942_00341132.jpg


内装がいまどきのおしゃれなカフェ風です。

カフェだけでなく、お食事もすることができます。



c0260942_00343566.jpg


週末はビュッフェスタイルのランチがあり、屋内のテ-ブルだけでなく、屋外のテ-ブルで頂くことも可能です。
天気のよい日は屋外のテ-ブルで頂くのも気持ちいものです。



c0260942_22203010.jpg

こちらでは座っていただくカップチ-ノは2.50ユ-ロなり。



4.Carrefour Express 3 Minuti
Via dei Cestari, 43, 00186 Roma RM

c0260942_05131486.jpg

こちらは以前のブログでご紹介したコンビニのようなス-パ-マーケット。

c0260942_05143527.jpg


パンテオン近くにあり、ちょっとしたカウンタ-席があるので店内で自分で作ったカフェをこの席に座っていただくことができます。
コンセントやwifiもあるのでちょっとした休憩には便利ですね。


c0260942_05155432.jpg

お菓子もいろんな種類が置いてありますし。。。


c0260942_05171912.jpg


コ-ルドドリンクも豊富です。


c0260942_05183638.jpg
5.Barnum Cafe
Via del Pellegrino, 87, 00186 Roma RM
http://www.barnumcafe.com/

c0260942_17112720.jpg


カンポデフィオ-リに近いこのカフェ、Free Wifiが使えてランチとディナ-時間以外はPCを使い、
お勉強やお仕事をすることができる環境が人気のようです。

c0260942_17111380.jpg

いまどきのおしゃれな内装のこのカフェは、コーヒー以外にもお茶を楽しんだり、ドルチェも頂くことができます。
ランチやディナ-もこちらで頂いてみたいなと思いました。

カップチ-ノをテ-ブルに座っていただいても1.80ユ-ロとこれまたリーズナブル。

c0260942_17115632.jpg

お隣にはかわいいお客さんも座っておりました。
今までこのようなお客さんを見たことがなかったのですが、ペットフレンドリ-なお店のようです。

c0260942_17114246.jpg



6.Sant' Eustachio il Caffe
Piazza di San Eustachio, 82, 00186 Roma
http://santeustachio-il-caffe.negocio.site/

c0260942_22235750.jpg


パンテオン近くにあるこのカフェ、とても有名ですね。
天気のよいときはお外でカフェも気持ちがよい!



c0260942_22241045.jpg
こちらでカップチ-ノを立ち飲みしたら1.80ユ-ロです。

奥には座ってカフェをいただけるスペ-スもあります。

こちらのコーヒー豆や、カフェグッツの購入も可能です。
c0260942_22242782.jpg



7.La Casa del Caffe Tazza D'Oro
Via degli Orfani, 84, 00186 Roma
http://www.tazzadorocoffeeshop.com/

c0260942_02034538.jpg


こちらも有名なカフェで皆さんご存知かと思いますが、パンテオンのそばを通ったら入りたくなるバ-ルです。
座ってのむことはできませんが
(ベンチのような椅子が数個ありますがテ-ブルに座って飲むような雰囲気ではありません。)
ささっと美味しいカフェを頂きたいときには便利なバ-ルですね。

c0260942_22272548.jpg
こちらのカップチ-ノは1.50ユ-ロです。

c0260942_22275607.jpg


8.Rome Free Lounge
Piazza d'Aracoeli, 16, 00186 Roma
http://www.romefreelounge.com/



こちらはヴェネチア広場のバス停のすぐ横にあるフリ-ラウンジです。


c0260942_23511826.jpg

入り口を入ると受付の方が迎えてくださいました。
こちらではロ-マ観光をする際に便利なツア-やハイヤ-サービスなど色々なインフォをくれたり、それらの申し込みができるようになっています。
荷物を預けるサービスもあるとおっしゃっていました。

有料ですがトイレもあります。

c0260942_23513268.jpg


中に入るとコ-ルドドリンクやお菓子、そしてコーヒーの自動販売機もおいてありました。

c0260942_23520707.jpg

そしてラウンジがあり、多くの座り心地の良い椅子がおいてありました。

こちらではフリ-wifiがあり、誰でも無料でつなげることができます。

有料ですがPCも設置されていて、使うことができるそうです。

c0260942_23514988.jpg


これらのカフェでちょっと休憩をしてパワ-チャ―ジをしてからまた永遠の都を駆け巡るのもよいのではないでしょうか。


by roma-nihon | 2018-04-14 01:50
ロ-マの町を歩いていて目に付いた153.png153.png153.png153.png153.pngな風景を今回ご紹介いたします。

こちら、パンテオン近くのとある建物。。。


c0260942_17493674.jpg

近づいてよく見ると建物の壁にスクリ-ンが埋め込まれている。
c0260942_17483650.jpg
こんな風にです。。。
日本ではこのようなことはありえるかもしれませんが、
歴史地区は概観を守るために色々な規制があるのでこのようなモニタ-が歴史的建物に埋め込まれているのが153.png153.png153.png153.png153.pngでした。

c0260942_17501962.jpg

ある雨の日にバスに乗ったら。。。
曇ったドアに何かが書かれている。。。


c0260942_17512878.jpg
近づいて見てみると。。。
アニメマン162.png
と書かれていました。
日本好きなイタリア人が書いたのかな?
かわいらしくてほっこりしました。110.png
c0260942_17514112.jpg

こちら、よく見ると横断歩道の何本かの線が端まで引かれていません。153.png153.png153.png153.png153.png
理由は、線を引いた日にここに車が止まっていたからだそうです。
工事を担当した方が、ここに止まっていた車をレッカ-せずに工事を進めたことがこのような結果を生み出しました。

c0260942_17521281.jpg
こちらの写真はこちらからお借りしました。
http://www.ilmessaggero.it/AMP/strisce_pedonali_un_versione_ridotta_per_colpa_dell_auto_in_divieto_di_sosta-3433703.html?__twitter_impression=true


そして歩道を歩いていたら。。。
自転車の悲しい姿。。。153.png153.png153.png153.png153.png
太い鉄のチェ-ンで道路標示のポ-ルにくくりつけられていた自転車ですが、その骨組み以外、盗める部分は全て盗んでいかれた状態でございます。
まあ、よくここまできれいに解体できるものだと感心してしまいますが、盗まれた当人は相当なショックを受けているのではないでしょうか?
c0260942_17515697.jpg
最後に、皆さんもすでにご覧になったことがあるかもしれませんが、とあるストリ-トでヴァチカン市国のサンピエトロ大聖堂のク-ポラを見ると目の錯覚が起きて面白いように見えるものです。

そのストリ-トがVia Nicolo Piccolomini.
c0260942_17532493.jpg
バスで行くとすると982番でPiccolomini N.(Cardinale Ferrata)で下車。
このストリ-ト、400-500mくらいありそこには3つバス停があるのですが、ク-ポラから一番離れたこのバス停で降ります。
c0260942_17533478.jpg
バスを下車したあたりで向こうのほうにサンピエトロ大聖堂のク-ポラが大きく見えます。
写真だとこの目の錯覚が上手く写りませんがこのようにク-ポラが見えてくるのです。

c0260942_17540530.jpg
上の場所から目ではこれくらい大きなク-ポラに見えます。
(これはズ-ムで撮っています。)
c0260942_17541671.jpg
バスを下車したところからク-ポラに向かって歩いていきます。
道を半分くらいいったところの写真です。

c0260942_17542922.jpg
もっと近づいて道の一番先端に到着。
ここからクーポラを見ると先程バスを下車したところからク-ポラには近づいているはずなのに、先程よりク-ポラが小さく見えるんです。
153.png153.png153.png153.png153.png
これは目の錯覚なのですが、ここを車で走るとよくわかると思います。

c0260942_17544142.jpg
天気のよい日にバスに乗ってちょこっとこんな風景を見に行ってみるのもよいのでは。


by roma-nihon | 2018-03-14 17:42

ここつい最近、目に入ったり耳にした便利なローマ情報をお伝えいたします。


1.フライングタイガ-プレイル-ム


日本でもおなじみのデンマ-クのFlying Tiger はロ-マにも何店舗かありますが、かわいらしい商品とお手軽なお値段で多くのイタリア人にも人気ですね。

先日、ヴェネチア広場にあるこのお店をのぞいてみたところ、この時期ですのでヴァレンタイングッズがいっぱいおいてありました。


c0260942_05030766.jpg


何に使うか分からない心臓の形をしたものが売っておりました。いくら、ヴァレンタインがハ-トのシンボルだとしても、心臓ってちょっとグロテスク。105.png


c0260942_05045253.jpg



で、ふと、目に入ったのがこれ。。。

ロフト状になっている2階。。。


Do you wanna play?

Come up & Play!



c0260942_05060004.jpg

お店の奥に入ってここがどんな風になっているのか覗いてみました。


c0260942_05073489.jpg



Free wifi とも書いてある~。

階段になっていて上に上れるようになっている。


c0260942_05090066.jpg


2階にたどり着くと、壁にはこんな風に携帯を充電できるようにコンセントの穴がありました。

そしてwifiをつなげてみました。

wifiのサインは付くけど、ウェブサイトを開けようと思っても開きませんでした。


c0260942_05103292.jpg


これは残念。



この2階では地元の高校生くらいの男の子たちがピンポンをしていました。



c0260942_05110904.jpg


無料で遊べるみたいです

もう一人、男性が椅子に座って充電をしながら携帯を見ていましたね。

wifiは繋がらないかもしれないけど、座って充電できるのはうれしいですね。


それにしても、こんな一等地にこんな空間を作ってくれるなんて。。。

タイガ-も太っ腹ですね。

充電などしたい人、ちょっと休憩って感じでこちらの2階を使ってみてはどうでしょうか?


FlyingTiger

ViaCesare Battisti, 130, 00187 Roma RM








2コンビ二風ス-パ-



イタリアには日本のコンビ二のようなお店ってありませんよね。

このごろミニマ-トがローマにたくさんできましたが、日本のあのコンビ二感覚とはまたちょっと違いますよね。

こちら、先日パンテオンのそばを歩いていたらふと目に入ってきました。


c0260942_05131486.jpg

カリフ-ル系のス-パ-?コンビ二?です。

お店に入ってみると。。。



お惣菜のようなものが置いてあって、ランチセットメニュ-があったり、パッケ-ジのサラダや暖めるだけのス-プやパスタが売っていて、お店においてあるレンジで暖めて、カウンタ-に座って食べることができます。

c0260942_05141369.jpg

c0260942_05163433.jpg

c0260942_05143527.jpg


オレンジのスプレム-タ(オレンジのフレッシュジュ-ス)やカフェの機械が置いてあるので自分で作ることができてこちらで飲むことができます。


c0260942_05150520.jpg

c0260942_05152896.jpg

カウンタ-には充電のできるコンセントや、wifiのパスワ-ドもあり、ちょっとした休憩時間に充電やネットをチェックすることも可能です!


c0260942_05155432.jpg

wifiをつなげてみましたが、こちらのはちゃんとつながりウェブペ-ジを開けることができました。


お菓子なども豊富です。


c0260942_05171912.jpg

普通のス-パ-では冷たい飲み物の種類が少ないのですが、こちらは日本のコンビ二のように飲み物の種類が豊富。

お値段もお手ごろです。


c0260942_05183638.jpg


パンテオンとラルゴ アルジェんティ-ナの中間くらいにあるお店です。

CarrefourExpress

Via dei Cestari 42/44 - Roma




3.ローマ市民は年間会員5ユ-ロで美術館へ制限なしで入場可能!


ロ-マ市長、Virginia Raggiさんがロ-マ市民のために素晴らしい企画を立ててくださいました。

今年の春から始まるというこの企画、ロ-マ在住の市民であれば、年間5ユ-ロを支払いMic会員になれば、下記の美術館への無制限の入場ができるというのです。


Musei Capitolini

Museo dell’Ara Pacis

Museo dei Fori Imperiali-Mercati di Traiano

Museo di Roma

Museo di Roma in Trastevere

Galleria d’Arte Moderna

Museo della Centrale Montemartini

Musei di Villa Torlonia

Museo di Zoologia


このようなものができれば、ロ-マ市民もよりいっそう美術に親しみやすくなりそうですね。


現在無料で入れるこれらの美術館もこのプログラムの付け足されるようです。

Museo napoleonico

Museo di scultura antica Giovanni Barracco

Museo Carlo Bilotti

Museo Canonica

Museo delle Mura

Museo della Repubblica Romana e delle Memoria garibaldina

Villa di Massenzio

Museo di Casal de’ Pazzi



ロ-マ日本人会の会員の皆様、ぜひこのチャンスにこのMic会員になられてはいかがでしょうか?


by roma-nihon | 2018-02-07 03:33

ロ-マの水不足問題

春から夏にかけてロ-マに雨が降らなく水不足問題が深刻になりました。

このままだとイタリアは砂漠化していくのではと言われておりますが。。。

水の供給をしているロ-マ郊外のブラッチャ-ノ湖の水深も低くなり、このままでは断水を余儀なくされることに。。。

8月の中旬から9月初旬にかけて湖からの給水はなかったようですが、今ではまた給水がされているようです。

そんな中、干ばつ対策として、町のあちらこちらにある噴水のお水が停止しました。
ロ-マの町を歩いているとあちらこちらで見かける噴水。
市民や観光客に愛されている街角の給水所です。

c0260942_21543139.jpg

こちらはコロッセオ駅の横にある噴水。

c0260942_18464092.jpg
こちらもお水が止まっていますね。
c0260942_18465226.jpg
この向かい側には数年前に水道会社ACEAがおいてくれた無料の給水機があります。


c0260942_18474703.jpg
普通のお水と炭酸水が選べます。
これは有難いですね。
c0260942_18475770.jpg


ヴァチカン市国のサン ピエトロ広場にある噴水も止められました。
c0260942_18471944.jpg


しかし、これらの噴水が停止されたところで、わずか1%の節水しかできないとの声も上がっております。



消費者グル-プによるとロ-マの40%のお水は老化した水道管から漏れていると指摘。

こんな感じで水が漏れているのを見かけます。

c0260942_19154178.jpg
c0260942_19164900.jpg

そこでロ-マ市が水道管などの修理を約束したそうで、ここ数ヶ月、町のあちらこちらで水道管工事を見かけました。

c0260942_18412752.jpg
干ばつ問題が出てきて以来、一般家庭の水道水の水圧が下げられたことに気づきました。
おなべに水を張るのにとても時間がかかるので分かるんです。
ロ-マ在住の方、そう思いませんか?

そして我が家もとうとう6月中旬から一ヶ月半ほど断水がありました。
この時期は朝から夜中まで全く水が出なく、シャワ-を浴びたり洗濯や食器を洗うのは夜中12時過ぎから朝5時頃までの日課となっておりました。

しかし、断水とは間違った言い方かもしれません。
我が家はイタリアの3階、日本で言うと4階です。
我が家の下の階、つまり2階までは水圧は低くともお水は届いていたようです。
水圧が低いので3階の我が家までは上がってこないということですね。

時間が決まっているわけではないのでこの時間内でも水が出ないことがありとても不便でしたが、今ではこの時期より断水の時間が減って来ました。

しかしいきなり出なくなることも多々あり、生活のリズムが狂うことも。。。

今では水道管の修理も進み、40%の水漏れはないようです。

そして10月、11月で雨が降るようになり、少しは貯水が進んでいるのだろうと思いますが、一人一人が節水に心がけ、雨が降ってくれる環境でいられるように環境問題にも取り組んでいかないといけないのではと思っております。

by roma-nihon | 2017-11-18 22:16
皆さんお久しぶりです。
皆さんの夏休みはいかがでしたでしょうか?
ロ-マの町も普段の生活が戻って来また感じです。

さて、今回は、日本ではなかなか見かけない、古くなった家具を修理して新たな命を吹き込んでくれるお店、タペッツェリアをご紹介します。

タペッツェリアは古くなったソファ-や椅子に布を張り直してくれるお店です。
必要であればクッションのばねなども直してくれます。
自分の好きな布を選びそれをお店に持っていくことで自分好みの椅子やソファ-に変えてもれます。


今回、カンポデフィオリ近くにお店をもつ、セルジオさんの仕事場を見学させていただきました。
セルジオさんはアルジェンチン出身の方で、14歳のころからこのお仕事を始めてもう40年のベテランです。

今現在このあたりには3軒のこのようなお店がありますが、以前は10件くらいあったとセルジオさんがおっしゃっていました。
数少ない貴重なお店です。

Via del Pellegrino 112,
00186 Roma
Tel 066873650
Cell 3208176484


私が訪問した日は美容院/床屋の椅子の張替えをされていました。
古くなった椅子のクッションに新しい茶色い革を張り替えるお仕事です。

まずは革を型に沿って切るところから。。。

c0260942_03271374.jpg


今回もともとお店にある椅子の革の色がお客様の選ばれた革の色より濃かったので、
切った後革を机の端で伸ばし色を薄くする作業をされました。

c0260942_03274451.jpg
オリジナルの革は写真下のほうです。伸ばした革はちょっと色が変わりました。
この日は全てのパ-ツの革を伸ばして作業終了。
c0260942_03275680.jpg
次の日の朝クッションや背もたれの部分に革を張り付けていきました。
c0260942_03282521.jpg
革がたるまないように伸ばしながら、作業用の強そうなホチキスを使い張い付けていきます。
c0260942_03283733.jpg
クッションの部分ができました。
革がぴんとして四方の折り目もきっちりと素敵に出来上がりました。

c0260942_03285680.jpg
お次は背もたれの部分。
薄い茶色が修理する前の古い革。
c0260942_03291113.jpg

すばやく張り替えていきます。
c0260942_03292465.jpg
折り目のところはきれいに折り込まれ、引っ張ってたるまないようにしております。
c0260942_03294653.jpg
指のすぐそばでホチキスを止めるので今までに間違って指をホチキスで打ってしまったことはないのか?
と聞いたところやはりアクシデントが起きたことがあるとおっしゃっていました。
考えるだけで痛~い。
c0260942_03300381.jpg
このへっこんだ部分のところの折込みが大変。
いびつな形の部分でも余分な革を残すとぶよぶよになるし、だからと言って切りすぎてもいけない。
きれいに見せるには大変な作業です。
c0260942_03301989.jpg
まずはここまでできました。

c0260942_03305127.jpg
今度はこのへっこんだ部分でまだ革が張られていないところに仕掛けをして貼り付けを始めました。
なんだかお裁縫をするように革を裏にして打ち付けて、それを裏返しにすることで縫い目を見せないテクニ-クを使っていらっしゃりました。

こうやって裏に貼り付けて。。。
c0260942_03315453.jpg
革をひっくりかえして、引っ張ってはホチキスで止めてを繰り返し。。。
c0260942_03321218.jpg
出来上がりに近くなって来ました。
c0260942_03322874.jpg

裏も同じように革を貼り付けて、全てのパ-ツが出来上がりました。

c0260942_03540528.jpg
c0260942_03520303.jpg
これを見ていただくとわかると思いますが、伸ばした革(すでに張り付けられているもの)はオリジナルの革より薄い色になっています。

これがセルジオさんの一番最初の作業工程の賜物です。
c0260942_03542496.jpg
こちらがセルジオさんです。
c0260942_03352128.jpg
こちらが完成品!

c0260942_05193474.jpg

他2つもセルジオさんの直したものです。

c0260942_05205027.jpg
アンティ-クっぽくてかっこいい!

c0260942_05203626.jpg

ご協力ありがとうございました。




今回は革の張替えでしたが、布をご自分で選らばれ、セルジオさんのところに持っていくこともできますよ。
自分で布を選べば自分のセンスでお部屋にアレンジすることができますね。

日本にも布屋さんはたくさんあると思いますが、自分の家具の張り替えようの布を買いに行かれる方は少ないのでは。。。


ロ-マの旧市街で布をお探しなら、ヴェネチア広場辺りからラルゴ アルジェンティ-ナの辺りに布の専門店がいくつかありますよ。


まずは一軒目。

c0260942_23415350.jpg

色々な布が売っております。
家具に使うものだけでなう洋裁のための布など目的に合うものをお店の方が一緒に探してくださいます。

c0260942_23420902.jpg

布、布、布で目がくらみます。
c0260942_23423618.jpg
一軒目に気に入ったものがなくても、この辺歩いて5分以内のところにいくつもお店があるのでまずは一通り
どんなものがあるのかを見てから決断を決めることができます。
c0260942_23395257.jpg

気に入ったものが見つかったので、好きな長さに切ってもらいます。

c0260942_23402522.jpg

はさみが入りました。

c0260942_23405422.jpg
タッセルも売っていますよ。
ちょっとしたデコレ-ションに使えますね。
c0260942_23412190.jpg
今回ご紹介したお店などを利用することで、古くなったソファ-や椅子も新品同様、自分の好みのものに仕上げることができます。
新しいものを買うのでなく、自分の持っているものに新しい命を生み出すのも楽しそうですね。



最後にご紹介した布屋さんと他いくつかのお店の住所等をお知らせします。

布屋さん

Aracoeli Home S.R.L Via d'Aracoeli,7 tel 0669940872
Francesco Longo & Figli s.r.l. Via delle Botteghe Oscure 34a tel 063879502
Azienda Tessile Romana Via di S. Nicola de' Cesarini, 13 tel 06 6880 5192
Paganini Via d'Aracoeli, 21-23, tel 06 679 0305
Bassetti Tessuti a Corso Vittorio  Corso Vittorio Emanuele II, 73 tel 06 689 2326







by roma-nihon | 2017-09-22 05:29

キッチン用品店

現在、ロ-マのサン シルヴェストロ広場近くに2店舗のキッチン用品を扱っているお店があります。

c0260942_00075194.jpg

まず一店舗はイタリアが誇る!コーヒーメ-カーで有名な、Bialettiのお店です。


c0260942_00135396.jpg
BialettiのMoKaはイタリア人のお宅には必ず1つはあるであろうイタリア人には欠かせないコーヒーを作る機械ですが、こちらの機械はイタリア人のアルファンソ ビアレッティさんのアルミ工場で1933年に彼によって作成されました。

お店にはクラッシックな下の写真のようなものから。。。


c0260942_00043236.jpg


ちょっとスタイリッシュな丸みを持った形のものや。。。


c0260942_00054116.jpg

現在ではこんなカラフルな物も置いてあります。

c0260942_00051779.jpg

青いものはFIGC(Federazione Italiana Giuoco Calcio)のサッカ-のデザインのもです。。。


c0260942_00053118.jpg


コーヒーカップなんかも売っております。


c0260942_00070525.jpg

現在Bialettiはコーヒー関係のものだけでなく、キッチン用品も取り揃えておりますので、下の写真のべ-キングディッシュやお皿などもありました。



c0260942_00060586.jpg

こちらはキッチンの電化用品。。。


c0260942_00055203.jpg

こちらはスト-ン加工のフライパン。
筆者もこちらのフライパンを愛用しております。

c0260942_00063543.jpg
こんなカラフルなフライパンやおなべまでありました。
こんな色だったらキッチンに出しっぱなしにしても気にならないくらいかわいらしいですね。

c0260942_00062420.jpg
キッチン電化用品もパステルのかわいい色のものが置いてありました。
c0260942_00065256.jpg

ポットやべ-キングの型なども色つきでおしゃれです。
c0260942_00072119.jpg
こんなおしゃれなキッチン用品だとお料理も楽しくなりますね。




さて、もう一店舗ですが。。。
イタリアのお宅には何かしらこのお店からのものがあるのではないであろうかと思われるイタリア人の大好きなあのお店がつい最近オ-プンしたんです。


そ・れ・は・







IKEA
c0260942_00472753.jpg


IKEA PopUp Store
Piazza di S.Silvestro, 28,
00187 Roma
現在日本でもIKEAはいくつか店舗があるかと思いますがこちらのキッチン用品はとてもリ-ズナブルな物が多いですよね。
サン シルヴェストロ広場にオ-プンしたIKEAは一般的な店舗と違いキッチン関係のものだけが置いてあるお店です。

最初にあの広場にIKEAがオ-プンしたと聞いたときは冗談かと思いましたが(一般的なお店の大きなスペ-スが保てる建物などあそこにはないと思ったからです。)キッチン用品だけと分かり、納得。

入り口にはキッチンのモデルが展示されていて。。。

c0260942_00474404.jpg

中に入るとお皿が棚に並んでいたり。。。。

c0260942_00480714.jpg

ところどころにキッチンのディスプレ-があり。。。

c0260942_00481952.jpg

こちらもキッチン用品が棚に陳列されております。


c0260942_00483287.jpg

一般のIKEAに比べると種類は少ないかもしれませんが、一通りのキッチン用品は置いてありました。


c0260942_00484657.jpg
キッチンタオルや、収納ボックス。。。

c0260942_00491804.jpg
ガラスのボトルなど。。。
c0260942_00494340.jpg
こちらは今年の6月27日で閉じてしまう期間限定のお店らしいです。

こちらではIKEAの全ての商品が注文でき、直接自宅に発送されるシステムが取れると言っていました。
今回こちらはテスト店舗として開かれているそうです。
もし今回、評判が良かったらロ-マのチェントロ(中心地)でもまたこのようなIKEAの店舗ができるかもしれません。

ちょっとしたIKEAのキッチン用品の買い物をチェントロでできたらとても便利ですね。

と言うわけで、Piazza San Silvestroを通る機会がありましたら是非これらのお店を覗いてみてください。




by roma-nihon | 2017-05-10 01:09
遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

本年もロ-マ日本人会を宜しくお願いいたします。

さて、日本でお正月を迎えた方、ロ-マで迎えた方、皆さんのお正月はいかがでしたでしょうか?

日本人の私たちはイタリアでクリスマスを祝うようにお正月は家族と祝い美味しいものを食べて過ごしたいものですよね。

こちらでは日本食材が手に入りにくいため、なかなか日本で食べるようなお正月のお料理を作ることは難しいかもしれませんが、近年イタリアのス-パ-でも日本食材が少しだけ手に入るようになって来ました。

今回はそんな食材のご紹介をいたします。


お醤油は一番古いと言ってよいくらいイタリアにも昔から手に入る日本食材ではないでしょうか?

c0260942_22045218.jpg

こちらは日本のブランではありませんがおしょうゆです。

c0260942_21562953.jpg

すし米も売られております。
写真の炊き上がったご飯はあまりおいしそうではないのですが、これを実際炊いてみるともうちょっとツヤがあり、美味しかったです。
寿司米が売られると言うことは、このごろ日本食通のイタリア人が家庭で巻き寿司などを作ることが増えてきているのでしょうかね?

c0260942_21575774.jpg


お豆腐も売っています。
こちらは生協ブランドのオ-ガニック豆腐。木綿豆腐ですね。

c0260942_21561048.jpg

以前オ-ガニックのお店で売られているお豆腐にハ-ブが入っているのを見かけたことがあります。
日本人からするとお豆腐にハ-ブ???ですが、お豆腐自体特に味を感じないイタリア人には何か風味を付け足さないと食べれないのかもしれませんね。



そして冷凍庫のセクションでは枝豆が売られております。
すでにさやから出ている枝豆です。
日本食レストランに行くと食べれる枝豆でしたが、おそらく枝豆は皆さんに人気があるのでしょうね。
今ではご自宅でも食べれるようになりました。

c0260942_21554574.jpg

そしてインスタントのお味噌汁も売っています。
お味噌汁はイタリア人にも人気がありますね。
お湯を注ぐだけで美味しいお味噌汁が出来上がるのならイタリア人も購入する人が多いのではないでしょうか。

c0260942_22020902.jpg

冷蔵庫のセクション、スモ-クサーモンなどが売られている横あたりに日本のカニカマのようなものが売られております。
こちらは結構昔から置いてあるロングセラ―。

c0260942_03084825.jpg

イタリアのご家庭でも巻き寿司ができますね。


そして冷蔵庫には巻き寿司も販売されていました!!!

お手軽にス-パ―でお寿司がかえるなんて、日本にいるみたい。


c0260942_02514924.jpg

そして春雨も。。。
春雨サラダをちょっと食べたい。。。と思ってもなかなか専門店まで行くのは面倒でした。
しかし普通のス-パ-でも手に入るのならもうちょっと頻繁に春雨サラダが食べれますね。
でも、イタリア人でよっぽどお料理が得意な人でないと、春雨の使い道が分からない人も多いのでは。。。。

c0260942_22015686.jpg

そして何よりもイタリア人に人気は。。。
インスタントラ-麺ではないでしょうか?



やはりイタリア人は麺類好きですからカップラ-麺からインスタントラ-麺に焼きそばなど色々な種類が棚に並んでおります。

イタリアのブイオンで有名なStar社と日本の有名な食品会社の共同制作と思われるインスタントラ-麺。
c0260942_22025077.jpg

こちらは中国製のようですね~。↓

c0260942_22031330.jpg
こちらはイタリア、Buitoni社のインスタントラ-麺。
c0260942_22033075.jpg

カップラ-麺も1.35ユ-ロほどで購入できるのであれば、日本と大してお値段は変わらないのでは。。。

c0260942_21541498.jpg
こちらはBuitoni社の焼きそばですが、
c0260942_22040600.jpg

Star社も焼きそばを出しております。
c0260942_22035517.jpg

さて、日本のおやつですが、おせんべいが売られております。

c0260942_22180662.jpg

英語だと、おせんべいを”ライス クラッカ-”と呼びますが、こちらでもCracker di Riso”お米のクラッカ-”と書いてあります。
このほかにもお米商品を出してるScotti社の2社がこのようなおせんべいを出しているのを良く見かけます。


そしてみんな大好きポッキー!

c0260942_02520757.jpg

こちらで売っているものは名前はミカドと言って、とっても日本チックな名前です。

今回お店では一種類しか置いておりませんでしたが最近ではチョコレ-トの種類もいろいろあるようで、色々なミカドがあるようです。





専門店でなく、イタリアの普通のス-パ-でこれだけ日本食が手に入るようになったのも、日本食を身近に食せるようになり、イタリア人に愛されるようになったからでしょうね。

日本人の私たちにしてみればこうやって普通のス-パ-で食材が手に入るのはとても喜ばしいことです!

by roma-nihon | 2017-01-21 03:21