ローマ日本人会の事務局スタッフによるブログ


by roma-nihon

カテゴリ:日本人会HP( 6 )

昨年の12月8日からヴァチカン市国で始まった聖年のちょっと前から、ロ―マの街が少しずつ変わってきたような気がします。

ある日をさかえに町のあちらこちらで工事が始まり、良い意味で街が変わってきたと思うんです。

たとえばロ―マの美しい石畳の道といえばサンピエトリ-ニですが、こちらはある程度定期的に整備がされないとがたがたになり、とても歩きにくいですし、車やバイクの事故の原因にもなります。

そのサンピエトリ-ニがここ数ヶ月、町のあちらこちらで修正されています。
もうそろそろ工事の終わりそうなところ。↓

c0260942_19292278.jpg

以前日記にも書きましたが、サンピエトリ-ニの石畳の日記はこちらからどうぞ。。。



がたがただった道が平らになり、
c0260942_19294790.jpg
石と石の間がちゃんと埋められているので歩きやすいです。
c0260942_19295864.jpg


町全体を直すことは無理だとしても、多くの人が訪れるような場所だけでも整備していただけるとありがたいですね。

そしてゴミ箱も今まで以上に設置されているのではないかと思います。

多くの観光客で賑わうロ―マの歴史地区のゴミ箱はいつもいっぱいになっていてごみが溢れていました。
以前のゴミ箱は鉄で覆われているものでしたが、現在設置されているものはごみの袋に何が入っているか目で見える、ある意味、安全性も含めたゴミ箱だと思います。
c0260942_02524915.jpg
ゴミ箱が増えましたが、ごみ収集の方がマメに回収に来ていただかないと意味がありませんので、回収に来てくださることを願っております。

こちらは先ほど工事できれいになった道に置かれているゴミ箱。↓
c0260942_19293310.jpg

そして変化の中で一番個人的にはすばらしいと思ったものは。。。

歩行者用の信号です。

日本では一般的に青が長く、黄色は短く、そして赤に変わりますよね。
だから黄色の場合急いで渡らないといけませんが、ロ―マの信号は、赤から青に変わって、数秒するとすぐ黄色に変わり、この黄色が結構長いのです。
ですからほとんどの人が黄色の状態で道を渡りその後赤になります。

ふと、道を渡ろうと思い、信号を見ると黄色になっている場合、この黄色は青からすぐ変わった黄色なのか?それとも後数秒で赤に変わる黄色なのかが分からないのです。
渡るか、渡らないか、迷うことが多いです。

こちらは赤の状態。
c0260942_03002215.jpg

青のところを写真を撮ろうと思ったらあっという間に黄色になってしまい、シャッタ―チャンスを失いました。(涙)

そして黄色になったところです。
ここからが結構長いのです。

c0260942_03003220.jpg

今まで、この黄色の状態をふと見た瞬間、どの状態の黄色なのかが分からなく、賭けをして渡ってしまうと、道を渡っている途中で赤になってしまうことが多々ありました。

ところが!!!

ここのところ多くの信号が新しいものに代えられました。

青の状態です。
c0260942_03040777.jpg
そして黄色に変わりました。
が、以前のものと違い、あと何秒で赤になるかの表示が出てきます。
この状態だと後11秒で赤になります。

c0260942_03044259.jpg
はい、あと4秒ですよ。早く渡りましょう。
c0260942_03125058.jpg

はい、赤になりました。
c0260942_03054517.jpg

これだと渡る前にある程度渡っても平気か?やめておいたほうが良いか?自分で判断できるので、渡っている途中で赤になることはまずないですね。

おそらく他の国ではこういった信号はすでにあると思いますがロ―マにもようやくこのように便利なものが設置されたのはとてもうれしいことです。

ロ―マの住人だけでなくこれから春、夏にかけて観光客も増えてくるかと思いますので、観光客にも整備されたロ-マの街で気分良く過ごしていただけるよう、ロ-マ市、がんばってくださいね。
期待しております。


by roma-nihon | 2016-02-09 15:39 | 日本人会HP
明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。

Tanti Auguri di Buon Anno!!!


さて、イタリア在住の皆様、クリスマス、お正月にイタリアでよく食べたものでまだ家に残っている~。

なんてものありませんか?

もうこの時期にこれは食べ過ぎたから食べたくない!

なんていうものも、ちょっとリメイクしてみるとご家族の方もまた手を出すかもしれません。

いくつかご紹介しますのでご興味がありましたらどうぞお試しください。

まずはレンズマメのお料理。

大晦日にイタリアではお金の形に似ていることから縁起物として食べられるレンズマメ。 
そしてそれと一緒にコテキ―ノ(腸詰めお肉)/ザンポーネ(豚足に詰められるお肉)も食べますね。

c0260942_19265042.jpg
写真はこちらからお借りしました。 http://www.maguzz.it/cotechino-e-lenticchie.html

こちらを市販のパイ生地で包んでオ-ブンで焼いただけですが、これがなかなかいけるんです。

こんな風に食べやすい大きさに切ったパイ生地にお豆やお肉を包むだけ。

c0260942_04303361.jpg

はい、出来上がり。
c0260942_04312108.jpg
中は。。。

c0260942_19231996.jpg

お豆の触感とお肉の味でジュ―シ―。 外はさっくさく。
たくさん作っちゃって残っているけどもう食べたくない。なんて時はこんな感じでおやつに出すと案外皆さん食べるかもしれません。



そしてお次はこの時期お土産やプレゼントにもいただいたりもするパネット-ネとパンド―ロのリメイクをご紹介します。


パンネット-ネは本来パネット-ネ菌という特別なイーストを使ったレ―ズンやドライフル―ツなどが入っている甘いパンですが、現在大量生産されている、ス-パ―で売られているパネット-ネは普通のイ―ストで作られているものが多いようです。


c0260942_19344675.jpg
自分でも買ったけど、お土産にもらっちゃってまだ家にあまってる。。。なんて方いませんか?
普段は切って食べるだけですが、ちょっと手を加えると見た目もかわいい物ができるんです。

c0260942_19350967.jpg


パネット-ネのパフェです。

材料:
パネット-ネ
生クリ―ム
砂糖(生クリ―ム用)

作り方:
1.まずはお好みの甘さに生クリ―ムを泡立てて。。。

2.グラスなどに手でちぎったパネット-ネを底のほうに入れます。
そして泡立てた生クリ―ムをその上に乗せ、またちぎったパネット-ネを乗せ、そして生クリ―ムといった形で層を作っていきます。

ちょっと手を加えるだけでおしゃれに見えます。

上にイチゴなんか乗せてもかわいいですね。

c0260942_19354489.jpg

今回使ったパネット-ネはレーズンだけの入っているものでしたが、レ―ズンと生クリームがやけに合って美味しかったです。

これをパンド―ロで作っても美味しいことでしょう。


お次はパンド―ロを使って、ケ-キポップを作ります。

c0260942_19400535.jpg
パンド―ロは黄金のパンと呼ばれるだけあって、中に卵やバタ―が入っています。
昔、卵やバタ―をそう簡単に食すことのできなかった時代には黄金のパンと呼ばれるだけ高級なものであったのでしょうね。

こちらがそのケ-キポップ。
子供たちが喜びそうなものです。

c0260942_19452736.jpg
材料:
パンド―ロ
クリ―ムチーズもしくはジャム
クリ―ムチーズを使うのであれば砂糖を少々
チョコレ-ト
お菓子用デコレ―ション

作り方:
1.まずパンド―ロをフードプロセッサーもしくは手で細かくします。

2.それにクリ―ムチーズやジャムなどをいれてよく混ぜ合わせます。クリ―ムチーズやジャムの量はパンド―ロがボール型にする時にまとまるくらいの分量。
(クリ―ムチーズを使われる場合、お好の量だけお砂糖を混ぜてください。)

3.それを一口大の大きさに丸め、串を刺します。

4.そしてちょっと冷蔵庫で冷やして固めます。

5.その間にチョコレ-トを湯銭で溶かしおきます。

6.冷蔵庫から出したパンド―ロのボールを湯銭で溶かしたチョコにくぐらせます。

7.それをハッポ―スチロ―ルなどに刺して余分なチョコを落とします。 私は家にあったいけばなの剣山に刺してみました。

c0260942_19491848.jpg
8.まだ完全にチョコが固まる前にデコレ―ションをします。
今回は色つきのものをちりばめてみました。

c0260942_19501494.jpg
はい、出来上がり。

ラッピングしてプレゼントにもいいですね。

今回のレシピですが、全て加工したものですので、オリジナルよりカロリ-は増えています。
が、楽しく作って楽しく食べるには良いのではないでしょうか?

今年も、ロ―マ日本人会を宜しくお願いいたします。



by roma-nihon | 2016-01-04 04:35 | 日本人会HP
この時期になるとよく見かけるこの風景。。。

c0260942_21145817.jpg
ツバメの集団です。
c0260942_21151317.jpg
こちらはヴェネチア広場の上空の写真です。
c0260942_21152541.jpg


ツバメの集団がこの時期になるとこちらの動画のようにロ―マの上空を絵を描くかのように飛び回ります。
とてもきれいですが、集団を近くで見るとちょっと怖いかも。。。
ヒッチコックの映画"鳥”を思い出させます。

そして、このツバメたちが止まるこんな木の下に車を駐車しておくと、

c0260942_21240297.jpg
このような被害にもあう。。。。。。。
c0260942_21231416.jpg
車全体にツバメの糞が。。。。。。。
イタリアでは鳥の糞がかかると幸運なんて言うけど、この人は大幸運が訪れるのでしょうか?
c0260942_21225924.jpg
幸運になるのもいいけど、自分の車がこんな風になったら、ドアを開けるのもいやですね~。
c0260942_21232637.jpg
地面も糞でカバ―されています。
c0260942_21235402.jpg
この辺りの道を通ると糞のにおいでたまりませ~ん。

この時期このような木の下に車を止めるのはちょっとリスクありますので気をつけてください。

by roma-nihon | 2015-12-05 21:11 | 日本人会HP
イタリアの秋の味覚と言えば。。。

ポルチ-ニ茸やトリフ、そしてプンタレッレやカルチョ-フィ(ア-ティチョ-ク)や栗がなどでしょうか。

メルカ-トでもそういったものが目に入りますね。

イタリアではこれらの材料がイタリア風に調理されてどれも美味しいのですが、先日、日本食にしてみたらどうなんだろう?と疑問に思いました。

そこで、早速そういうものを使って、和食を作ってみました。

c0260942_04133586.jpg


普段、イタリアでポルチ-ニ茸はパスタやピッツァそしてグリルしたり、サラダなどで食べたりしますね。
どんな調理の仕方でも私は大好きです。

c0260942_01573795.jpg

先日はサラダでいただきました。

c0260942_01574732.jpg
そこで、今回はポルチ-ニ茸でマツタケごはん風、ポルチ-ニごはんとお吸い物を作ってみました。

c0260942_04121848.jpg

ポルチ-ニごはんの感想は。。。
なかなか美味しい。

ポルチ-ニの風味を感じ、ごはんとも合うと思います。
ポルチ-ニとお米なので、ポルチ-ニのリゾットの雰囲気も感じられますが、だしをや醤油を使ったものですので、風味はイタリアを思い出させるポルチ-ニ茸、でもお味は和風と言ったところでしょうか?

c0260942_04123175.jpg


ポルチ-ニのお吸い物もなかなかいけます。
お出汁の香りとポルチ-ニを楽しむ美味しいお吸い物でした。




プンタレッレはチコリ-ファミリ-のお野菜で、一年中栽培されるものではないので今しか食べれないと思うと美味しさも倍増します。

c0260942_01572488.jpg
写真はこちらからお借りしました。   httpwww.bioexpress.itcomefunzionaraccolta-ricettepuntarelle.html  


お店ではプンタレッレその物も売っていますが、すぐに食べれるように先っぽだけを取り、水に浸して先っぽをカ-ルさせた状態で売っているのを買ってきました。

c0260942_01565331.jpg

一般的にイタリアでは、これをサラダとして食べますね。
アンチョビ、ニンニク、オリ-ブオイルに少々のお酢とお塩でドレッシングが作られていますが、これがこのプンタレッレと良く合います。


c0260942_01571304.jpg
写真はこちらからお借りしました。   http://www.ilpastonudo.it/verdure/puntarelle-alla-romana/


そこで、今回はこのドレッシングの変わりに、味噌や酒、みりんそしてちょっとマヨネ-ズを入れたドレッシングを作り、プンタレッレに掛けてみました。

c0260942_04130603.jpg

感想は。。。
悪くないです。
いや、個人的には結構好きかも。
味噌の風味がいい感じです。
ドレッシングはどちらかと言えばさらり系よりねっとり系の方がプンタレッレに絡んで良いかと思います。




そしてカルチョ-フィ(ア-ティチョ-ク)には色々な種類があるようですが、今回見かけたのはプ-リア産のもの。
c0260942_01583968.jpg
ロ-マでは一般的にカルチョ-フィ アッラ ロマ-ナ(煮た物)か。。。

c0260942_01580669.jpg
写真はこちらからお借りしました。 http://www.style.it/cucina/ricette/2011/11/08/carciofi-alla-romana.aspxCarciofialla romana   




カルチョ-フィ アッラ ジュディア(フライされたもの)などを食べますよね。

c0260942_01582482.jpg

写真はこちらからお借りしました。 http://www.ifruttidellaterra.it/ricette/carciofi-alla-giudia



しかし今回は、カルチョ-フィの足の部分だけを使い、キンピラを作ってみました。

c0260942_04115777.jpg

イタリアでごぼうってなかなか手に入らないですよね。
でもカルチョ-フィの足を使えばごぼうと似たような食感のものが作れると思いました。

c0260942_04132315.jpg

感想は。。。
やはり、しゃきしゃきしていて美味しかったです。
これは酒のつまみに最高ですね~。
お酒がついつい進みます。



これらの食材をイタリア風に調理するのは最高に美味しいけど、和食でも結構いけるのではないかという結果が出ました。

たまには和食風にアレンジして食べてみるのもいいものだと個人的には思いました。


でも、トリフは。。。
パスタと食べるのが一番かと思います!!!

c0260942_04255236.jpg






by roma-nihon | 2015-11-11 04:23 | 日本人会HP

2013年 新年祝賀会!

かねてより日本人会HPでもお知らせいたしておりました「ローマ日本人会・在イタリア日本国大使館共催による新年祝賀会」がさる1月13日(日)、ローマ日本人学校の体育館に於いて開催されました。在イタリア大
使、在ヴァチカン大使両ご夫妻をお迎えし、総勢200名以上の会員が一堂に会する年に一度の集まりはなんと今年で第38回を迎えます。
 我らが事務局長O氏の滑らかな司会で総会が無事終了すると、集まった会員の皆様は新年会会場にいそいそと大移動。両大使、日本人会市川会長による鏡開きで会場の雰囲気はいっきにお祝いムードに包まれ、出席された皆様は日頃お会いできない方々と近況を報告しあったり、初めて会う方々と新しい出会いを楽しまれたり、世代を超えて親睦を深める貴重なひと時を思い思いにすごされていました。
c0260942_2444596.jpg

ビュッフェ形式の昼食には恒例のお寿司だけでなく、デザートには知る人ぞ知るローマ屈指のケーキ屋さん”ポンピ”のティラミス&イチゴティラミスが供されました。「イチゴバージョンは初体験!」の方もいらして、子どもだけではなく大人にも大好評。
c0260942_2464040.jpg

 昼食が一段落する頃、おまちかね、26の企業、団体からご提供いただいた総額8000ユーロの豪華景品が当たる抽選会が始まりました。皆さん抽選券半券を握りしめ、ハラハラドキドキ。当選番号が読み上げられるたび、会場は溜息と笑いと拍手につつまれ大いに盛り上がりをみせました。大当たりの人、小当たり?の人、それぞれが楽しげな表情で賞品を披露しながら、無事、閉会となりました。
c0260942_2492993.jpg

お忙しい中、お集まりいただいた会員の皆様にお礼を申し上げます。
また来年、変わらぬ笑顔でお目にかかれますように!(H)
by roma-nihon | 2013-01-21 02:50 | 日本人会HP
c0260942_2082763.jpg
あけましておめでとうございます。
いよいよローマ日本人会のHPが公開されます。

これまで会報&メールのみの当会(数年前までは電話とFAXだったとか・・)でしたが、これからはHPを通じて様々な情報発信&交流が出来ればと思っております。

小規模&ボランティアの運営ですので難しい事は出来ないと思います。
本ブログも不定期更新、至らぬ点も多かろうと思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします。(S)
by roma-nihon | 2013-01-11 20:04 | 日本人会HP