人気ブログランキング |

ローマ日本人会の事務局スタッフによるブログ


by roma-nihon

<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

常識?非常識?

ロ-マの街、特に歴史地区ではこのような駐車状況をよく目にする。

c0260942_4242778.jpg


c0260942_4243530.jpg

前や横の車との間がほとんどないくらいぎりぎりに駐車しているのだ。

c0260942_4251486.jpg


c0260942_4254075.jpg




前や横の車とくっついているわけではない。紙が一枚ほど入りそうです。














駐車スペ-スが少ないから自然とこんな駐車状況になるのか?
それにしてもこれは業物だ!

と他人事だからこんなこと言えますが、ぎりぎりに止められたほうはいい迷惑ですね。



前後のスペ-スがこんなだと、出る際にバンパ-を使い押し出しながら出て行くんでしょうね。

運転手側の方をぎりぎりにとめられた車は助手席から乗り込まないといけません。


イタリア人のバンパ-に対する感覚と、日本人の感覚は違うと思うので、バンパ-を使い前後にスペ-スを開けていくのはイタリア人にはそんなに気にならなのでしょうね。


以前こんな状況を見たことがあります。
この一番前の上が黒く下が白い車が道の真ん中に駐車していて、他の車が通れず渋滞していたのだ。

c0260942_441193.jpg



c0260942_4405928.jpg


クラクションなどが鳴り続け、10分くらいすると車の持ち主の女性が出てきた。

足止めを食った運転手達がこの女性に文句を言っていたのですが、彼女の言い分は、

「私が駐車した時は左横の車はなかったので車一台が通れるだけのスペースはあった!」

でした。

彼女が止めた際は彼女の車の右にも車が止まっていたようです。


しかしこの状態を見る限り、道のど真ん中に止めている彼女が非常識のように見えますね。

歴史地区の駐車が難しいために起きた揉め事の一つでした。
by roma-nihon | 2014-09-08 04:53 | ローマ