ローマ日本人会の事務局スタッフによるブログ


by roma-nihon

<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

昨年の12月8日からヴァチカン市国で始まった聖年のちょっと前から、ロ―マの街が少しずつ変わってきたような気がします。

ある日をさかえに町のあちらこちらで工事が始まり、良い意味で街が変わってきたと思うんです。

たとえばロ―マの美しい石畳の道といえばサンピエトリ-ニですが、こちらはある程度定期的に整備がされないとがたがたになり、とても歩きにくいですし、車やバイクの事故の原因にもなります。

そのサンピエトリ-ニがここ数ヶ月、町のあちらこちらで修正されています。
もうそろそろ工事の終わりそうなところ。↓

c0260942_19292278.jpg

以前日記にも書きましたが、サンピエトリ-ニの石畳の日記はこちらからどうぞ。。。



がたがただった道が平らになり、
c0260942_19294790.jpg
石と石の間がちゃんと埋められているので歩きやすいです。
c0260942_19295864.jpg


町全体を直すことは無理だとしても、多くの人が訪れるような場所だけでも整備していただけるとありがたいですね。

そしてゴミ箱も今まで以上に設置されているのではないかと思います。

多くの観光客で賑わうロ―マの歴史地区のゴミ箱はいつもいっぱいになっていてごみが溢れていました。
以前のゴミ箱は鉄で覆われているものでしたが、現在設置されているものはごみの袋に何が入っているか目で見える、ある意味、安全性も含めたゴミ箱だと思います。
c0260942_02524915.jpg
ゴミ箱が増えましたが、ごみ収集の方がマメに回収に来ていただかないと意味がありませんので、回収に来てくださることを願っております。

こちらは先ほど工事できれいになった道に置かれているゴミ箱。↓
c0260942_19293310.jpg

そして変化の中で一番個人的にはすばらしいと思ったものは。。。

歩行者用の信号です。

日本では一般的に青が長く、黄色は短く、そして赤に変わりますよね。
だから黄色の場合急いで渡らないといけませんが、ロ―マの信号は、赤から青に変わって、数秒するとすぐ黄色に変わり、この黄色が結構長いのです。
ですからほとんどの人が黄色の状態で道を渡りその後赤になります。

ふと、道を渡ろうと思い、信号を見ると黄色になっている場合、この黄色は青からすぐ変わった黄色なのか?それとも後数秒で赤に変わる黄色なのかが分からないのです。
渡るか、渡らないか、迷うことが多いです。

こちらは赤の状態。
c0260942_03002215.jpg

青のところを写真を撮ろうと思ったらあっという間に黄色になってしまい、シャッタ―チャンスを失いました。(涙)

そして黄色になったところです。
ここからが結構長いのです。

c0260942_03003220.jpg

今まで、この黄色の状態をふと見た瞬間、どの状態の黄色なのかが分からなく、賭けをして渡ってしまうと、道を渡っている途中で赤になってしまうことが多々ありました。

ところが!!!

ここのところ多くの信号が新しいものに代えられました。

青の状態です。
c0260942_03040777.jpg
そして黄色に変わりました。
が、以前のものと違い、あと何秒で赤になるかの表示が出てきます。
この状態だと後11秒で赤になります。

c0260942_03044259.jpg
はい、あと4秒ですよ。早く渡りましょう。
c0260942_03125058.jpg

はい、赤になりました。
c0260942_03054517.jpg

これだと渡る前にある程度渡っても平気か?やめておいたほうが良いか?自分で判断できるので、渡っている途中で赤になることはまずないですね。

おそらく他の国ではこういった信号はすでにあると思いますがロ―マにもようやくこのように便利なものが設置されたのはとてもうれしいことです。

ロ―マの住人だけでなくこれから春、夏にかけて観光客も増えてくるかと思いますので、観光客にも整備されたロ-マの街で気分良く過ごしていただけるよう、ロ-マ市、がんばってくださいね。
期待しております。


by roma-nihon | 2016-02-09 15:39 | 日本人会HP