人気ブログランキング |

ローマ日本人会の事務局スタッフによるブログ


by roma-nihon

<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ロ-マの日時計

ロ-マは暑い毎日が続いておりますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ロ-マの夏は日本に比べて湿気が少ないので日陰に入ると涼しかったりしますが、日差しは日本より強いので日が出ている時間に外を歩くのはとても大変です。
どうやったらなるべく日に当たらないように歩けばいいかと考えながら歩く毎日です。

しかし、日時計を使っていた頃はこのお日様がないと時間が読めなく、お日様がとても重要な役割を果たしていたので日差しの強さで文句は言えませんね。

ロ-マの町のあちこちに日時計を見ることが出来ます。

今回は観光地に近い場所にあるいくつかの日時計をご紹介します。

カンポデフィオリ/ファルネーゼ広場近くのPiazza Capo di Ferro にある日時計。

Palazzo Spada↓の向かい側にあります。
c0260942_17291064.jpg
はい。日時計はこちらの建物の上部です。↓
c0260942_17322099.jpg
この横は噴水があるのですぐわかるでしょう。
c0260942_17284093.jpg
時計の部分を拡大してみると。。。

c0260942_17292302.jpg
この写真の撮影時間は午後5時頃。
右から左にかけてI~XII(1~12)とあるのですが、V(5)のあたりに針の影がありました。

感激!
c0260942_17291856.jpg
お次はスペイン階段上にある、Trinita dei Monti教会にある日時計。
オブリスクの後ろに2つの塔がありますが、その左側は普通の時計、右側が日時計です。
c0260942_17301989.jpg
撮影時間3時半近く。
c0260942_17394722.jpg
左側のロ-マ数字が19に近く、右側の数字は2と3の間にありますね。
ちょっと読み方が分かりませんがなんとなくあっている気がします。
c0260942_17393122.jpg
コロッセオ近くに2つ日時計を見ることが出来ます。
c0260942_17490969.jpg
一つ目はVia del Colosseoにあります。
c0260942_17492963.jpg
でもこちらは午後5時半頃に行きましたが日が当たっていませんでした。
だからただ飾られているだけなのかな?
c0260942_17492028.jpg
2つ目はVia Ludovico Muratoriにあります。
一般のアパ―トの外壁に見ることが出来ます。
c0260942_17494232.jpg
訪れた時間は午後5時45分頃。
c0260942_17500614.jpg
影は見えましたが、どのように時間を読んだらいいのか分かりません。
c0260942_17494698.jpg
そしてテルミニ駅近くのBasilica di Santa Maria degli Angeli e dei Martiri内にも日時計を見ることが出来ます。

c0260942_17512487.jpg
まず教会に入り右側にこのような線が目に入ります。
c0260942_17504555.jpg
線は教会の中心に立ち、祭壇を前にして右斜め後ろから左斜め前に長く走っています。
c0260942_17504680.jpg
その線が始まっている上辺りに小さな穴が見えました。
c0260942_17504636.jpg
拡大するとこんな感じですが、小さな穴が開いているのが見えますか?
c0260942_17504593.jpg

説明が書かれていました。
c0260942_17504564.jpg
私が理解するところ、先程の穴から入った光が、6月20~21日に先程の線の写真の手前(教会の右斜め下辺り)を指すようです。
この時点で夏の始まりですね。
説明の写真の一番左下の矢印のあたりです。↓
c0260942_17504511.jpg
その右上の矢印のあたりは3月20~21日と9月22~23日に指すそうです。↑

こちらの楕円の時計がどのように使われるのかが良く分かりませんでした。↓
c0260942_17504544.jpg
この日時計はフランチェスコ ビアンキ-ニさんにより作製され、クレメンス11世教皇のオ-プニングの元、1702年10月6日より使われ始めたたそうです。
現在でも続くジャニコロの丘からカノン砲で正午を伝える儀式の始まった1846年まで使われていたらしい。

c0260942_17504549.jpg
そして、パンテオン近くにあるヴィスコンティ高校のある、建物の上部にも日時計があります。
c0260942_17523874.jpg


が、印が薄くなっているのか?針の陰は見えますが時間が良く分かりません。

c0260942_17523926.jpg
それにこの時計の位置、とても高いところなのでカメラをズ-ムにしてもこれくらいしか見えません。。。
c0260942_17523867.jpg

最後に、Via del BabbuinoにあるSant' Atanasioの側面に見える日時計です。

c0260942_17560183.jpg
側面には普通の時計と日時計が見られます。
下の方が日時計ですが、2時近くでしたが針の陰が見えませんでした。
壁が黒く黄ばんでいたので影が見えなかったのでしょうか?
c0260942_17561647.jpg
このほかにもパリオリ地域にもいくつかの日時計があるようです。

下ばかりを見て歩くのでなく、たまには上を見て歩くと新しい発見があるかもしれません。

まだまだ暑い夏は続きますが、皆さん楽しいヴァカンツァをお過ごし下さい!!!





by roma-nihon | 2016-07-16 17:56 | ローマ