ローマ日本人会の事務局スタッフによるブログ


by roma-nihon

<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

もう今年も残るところ三週間弱になりました


新年を迎える前にクリスマスがやってきますね。


イタリアでクリスマスを過ごされる方、もしくは日本で過ごされる方、クリスマスの過ごし方が違うかもしれませんが日本人には楽しいイベントの一つではないでしょうか?


そんなクリスマスを一段と楽しくするのがクリスマスデコレーション。


町並みのライトアップはもちろんのこと、ご家庭で自分なりのデコレーションをすることで気分を盛り上げてくれることでしょう。



今回はご家庭で楽しめるクリスマスのレシピやデコレーションをご紹介したいと思います。



こちらはクリスマスツリーのポテトサラダ。


ブロッコリーやミニトマトの下はポテサラの素材です。

c0260942_01145270.jpg

ポテサラを作る要領で(ポテトはなるべくつぶして塊がない方がデコレーションをする際やりやすいです。)土台を作ります。

(ポテサラの代わりにマッシュドポテトでもかまいません。)


まずはお皿の上にへたを切り平らにした人参のをしたにしてとがった方を上に向けて立てます。


そこに円錐の形になるようにポテサラの素材を固めていきます。


固めたポテサラに一株ずつ切り塩茹でしたブロッコリーを差し込んでいきます。

ミニトマトは半分に切り、色のコーディネーションを取りながらブロッコリーと一緒に差し込んで下さい。

トップには人参で作ったお星様を爪楊枝に刺して立ててみました。


これ一つあると、クリスマスディナーが一段とクリスマス気分を盛り上げてくれます。





こちらは鶉の卵で作ったスノーマン。

c0260942_01151551.jpg

鶉の卵を茹でて、2つの卵を爪楊枝を使い雪だるまのようにくっつけます。

雪だるまの下の卵の方ににちょっと爪楊枝を出してそちらをスライスしたきゅうりの上に刺して土台を作りました。


マフラーはパプリカの皮を使い首元を覆っています。


目は黒ゴマや海苔を使い鼻はにんじんを細く切ったものを卵に刺しました。


帽子はミニトマトに爪楊枝の端を刺し、その後卵に刺してあります。


かわいくて食べるのがかわいそうな感じです。





そしてクリスマスリースですが、ご自分で円形のオアシスを購入され水に浸してからお花屋さんで売っているもみの木の枝などを刺して行きリースの土台を作っていく方法と、最初から土台となるリースを購入されてそれからご自分でリースをデコレーションする2種類があります。



c0260942_01043845.jpg

ご自分で土台を作られる場合、このようなオアシスを購入され、水に浸します。



c0260942_01424660.jpg





その後もみの木の枝などを刺して行きます。


こちらが土台のリースです。


c0260942_01074054.jpg

最初からリースの土台をお花屋さんなどで購入される方も、土台をご自分で作られた方もはここからデコレーションが始まります。


グリーンの土台ですのでコントラストが出るように、赤や白、そして金や銀などのクリスマスカラーを使いデコレーションしてください。


今回は金の松ぼっくりと赤のぺペロンチ-ノそして金色のリボンを使ってデコレーションしてみました。




c0260942_01120099.jpg

c0260942_01081549.jpg

こちらを壁に飾ってもよいですし、このままこの中心にキャンドルを置いてテーブルアレンジメントとしても素敵でしょう。


もしくはリースにクリスマスライトを巻いてライトアップするのもよいかもしれません。





そして最後にこちらのテーブルセンターピースをつくりクリスマスディナ-にご招待いただいた際にギフトとして持っていくのはいかがでしょうか?



c0260942_01045290.jpg

一般的な長方形のオアシスと植木鉢の下に置くプラスチックのお皿をお花屋さんで購入します。

(植木用のお皿でなくてもご家庭のお皿でも代用可能です。しかし、ギフトとしてプレゼントされる場合、植木鉢用のお皿だとそのまま返してもらう必要がないので便利かもしれません。)


オアシスは植木鉢のお皿の直径くらいに切り水に浸します。


水から出した後、お皿の中に入れてオアシスの高さをお皿の淵から2~3cmほどの所で切り落とします。



c0260942_01134522.jpg

そこにもみの木などの枝を差込み土台を作って行きます。

c0260942_01130790.jpg

そこにリースと同じように松ぼっくりなどで飾って行きます。

ここに赤いお花やクリスマスオーナメントなどを飾っても素敵でしょう。

真ん中にキャンドルを立てたりしてご自分でお好きなようにデコレーションしてみてください。


c0260942_01120099.jpg


これらのものが一つでもあると家の中が一気にクリスマス気分を高めてくれますね。


上記に記した材料が手に入らない場合はご自宅にあるもので代用してご自分のデコレーションを楽しんでみてください。




こちらはおまけ。。。

残った枝をまとめて松ぼっくりとリボンを付けたもの。

c0260942_01140578.jpg


今年一年もロ-マ日本人会を応援いただきありがとうございました。


来年も宜しくお願いいたします。


皆様にとって、素敵なクリスマスと新年でありますように。





by roma-nihon | 2016-12-12 01:48 | ローマ