ローマ日本人会の事務局スタッフによるブログ


by roma-nihon

<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

日本からロ-マを訪れる友人たちが皆口をそろえてイタリア(ローマの)の車のバンパーはみんな傷だらけだねと言います。

このごろはそれが当たり前のことだと思い始めていたので特に気にしてバンパ-を見たことがなかったのですが、指摘されて改めて一台一台を見てみると傷のない車の方が少ない。

この車も。。。
c0260942_23200414.jpg
この車も。。。
c0260942_23202571.jpg
そしてこちらも。。。。
c0260942_23203762.jpg
イタリア人はバンパーは事故の衝撃から身を守るものなのでバンパーは傷つくものと思っているようですね。
日本人はちょっとした傷も結構気にしますよね。
皆さん丁寧に乗っていらっしゃると思います。
だからバンパーにも傷のない車の方が多いですね。



先日、バンパ-のない車を見かけました。。。
これはいくらなんでも危ないですよね。

c0260942_23235144.jpg
友達の駐車した後ろの車はこんな感じで歩道に乗り上げていました。
この方が駐車した時はまっすぐ入れるほどスペ-スがなかったのでしょうか?
c0260942_23224389.jpg
この方のバンパ-も傷がありますね。

c0260942_23225809.jpg
ドアの横には引っかき傷が。。。

c0260942_23232621.jpg
この方は歩道に45度の角度で駐車していますが、小型車が縦列駐車の際に歩道とは90度の角度で止めていいるのをよく見かけます。
小型車の場合90度に止めても道にそんなに突き出ることはないので問題はないと思うのですが、前の車や後ろの車が出て行く際に、間違ってドアにぶつけたらバンパ-にぶつけられるよりも被害は大きいかと思います。

そういうリスクがあってもこうやって止めるのは駐車する場所がないからなんでしょうね。
個人的には絶対にこのようには止めたくはないですね~。

c0260942_23454733.jpg

写真はこちらからお借りしました。
http://www.wrcmania.com/forum/foto-video-vari/37265-parcheggio-smart-ok-la-macchina-%E8-piccola.html


ロ-マの歴史地区には日中の時間帯に許可を持っていない車が進入できなかったり、進入できる時間になっても駐車する場所が少ないので運転する人には大きな問題だと思いますが、そんな中、バイク扱いの小型車で屋根もドアもある車のようなものであれば歴史地区にも日中でも入れますし駐車をするのも簡単のようです。

こちらはRenaultのTwizyというもの。


c0260942_23210904.jpg
免許証はイタリアのPatente AかB(バイク用の免許証)を持っていれば乗ることができます。
c0260942_23205501.jpg
こんなに小さくて細かったらたいした駐車スペ-スがなくても止めることができますね。

そしてこちらの車もバイクと同じように認められるようなので、見た目は小型車と一緒ですが歴史地区に日中入ってくれることもできますし、駐車するのも普通車より小さいので割と簡単なのではないでしょうか。
高校生などまだ車の免許の取れない年齢の子供がこういった車を運転しているのをよく見かけます。
c0260942_23131191.jpg
写真はこちらからお借りしました。
http://www.patentati.it/blog/articoli-auto/auto-guidabili-senza-patente-minicar-microcar-quadriciclo-leggero.html

そして以前ご紹介したカ-シェアリングのEnjoyですが、ここ最近三輪のバイクも出てきました。
特に荷物もなく、身軽に市内を回るのであればこのバイクも便利かもしれませんね。

c0260942_23134803.jpg
写真はネットからお借りしました。





その町々によって交通状況も違いそれぞれの問題があるかと思いますが、それなりに乗り物の機種や種類を変えることによって快適にドライブと駐車ができるようにすればローマ人のストレスも少しは和らぐのではないでしょうかね。



by roma-nihon | 2017-03-16 22:56 | ローマ