人気ブログランキング |

ローマ日本人会の事務局スタッフによるブログ


by roma-nihon

<   2018年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

4月下旬から5月の初旬にかけて気温が上昇し、このまま夏になってしまうのではないかと思うような天気でしたっが、ここ一週間ほど雨が降ったりちょっと気温が下がってきたロ-マです。


雨が降らなければ外に出るのが気持ちよくなってきたロ-マですが、今回は、そんなときにロ-マから日帰りできる観光地をご紹介いたします。

ロ-マ市街地から車で一時間ほどのTivoliという町にはユネスコの世界遺産に登録されたVilla d'Este(エステ家の別荘)があります。

エステ家の枢機卿、イッポ-リト 2世・デステはロ-マ法皇の座をめぐる争いに敗れてしまいます。そこでこちらは1550年,
彼がが隠匿生活をするために1560年代から建築されたものです。
アニオ川から地下水道を引いた大規模な工事が行われ、高いところに水を貯め、その水をパイプに流すことで水が高いところまで上がるようなあの当時では革命といわれる噴水技術を見せています。


こちらにはテルミに駅から地下鉄B線に乗りPonte Mammolo駅まで行き、そこからバスで1時間ほどで到着します。

車がなくても郊外の観光地に行けるって便利ですね!

まずはテルミに駅から地下鉄B線でRebibbia行きの電車に乗ります。
同じホ-ムから出るJonio行きの電車もありますが、それには乗らないように。
テルミに駅からPonte Mammolo駅までは20分くらいだったと思います。

Ponte Mammolo駅を降り、改札を出るとその先にバスのチケットを売っている売店が出てきます。

こんな感じのところでバ-ルの横でチケット購入ができます。

c0260942_16062896.jpg

こちらでティヴォリ行きのチケットを片道、2.20ユ-ロで購入しますが往復を買っておくことをお勧めいたします。 
c0260942_16064445.jpg
チケット購入後この横から出ている階段を上り、バスタ-ミナルに出ます。
Tivoli行きのバスに乗るのですが、階段を上りきってタ-ミナルを目の前にしたら左側のところからTivoli行きのバスが出ています。
モニタ-にもTivoli行きと出るはずですが、運転手さんに確認の上、乗ってください。

バスはティブルティ-ナ地域を通り、郊外へ進んでいきます。

途中採石場の周りを通るのですがそのあたりは硫黄のにおいがしてきます。
そして深く掘られた採石場をバスの中から見学することもできます。

ティヴォリに着く前にVilla Adrianaへ行くための停留所にとまります。
ここから20分ほどかけてVilla Adrianaへ行くのですが、Villa d'Esteに行くにはそのまま乗り続けます。

Villa d'Esteへは、ガリバルディ広場で降りるのですが、そこがどこかちょっとわかりにくいので、運転手さんのそばに座って確認するか、回りに座っているロ-カルの人に聞くとよいかと思います。

さて、ガリバルディ広場で降りて広場を横断してVilla d'Este(エステ家の別荘)入り口に到着。

ここでチケットを購入して中に入ります。
c0260942_15374755.jpg


まずはお屋敷の中を見学。

フレスコ画や屋内の噴水に圧倒されます。
c0260942_15380414.jpg

お屋敷のバルコニ-から下をお庭を見下ろしたところ。

c0260942_15382257.jpg

上から見ただけでもわくわくいたします。
早く下に行って噴水を見てみたい!
そんな気分で階段を降りていきました。
c0260942_15383655.jpg
ちょっと階段を下がってきたところからの眺め。
まだまだ下の方に下がります。
c0260942_15385388.jpg

上の写真のところから左の方へ降りる階段を降りてくると船の形をしたFontana di Romettaが出てきます。

c0260942_15482231.jpg

その後ろの方を歩いていくと100の噴水が見てます。
色々なところから水が出ていてさすが、100の噴水と呼ばれるだけありますね。

c0260942_15415502.jpg

それぞれ顔の違った動物の口から水が出ております。
c0260942_15422953.jpg
この100の噴水沿いを歩いていくとその先にはFontana dell' Qvatoがあります。


c0260942_15425177.jpg

そこから上に上がり、オルガンの噴水を背にしてみた景色がこちらです。
圧倒されますね。
イッポ-リト 2世・デステ枢機卿の権力や財力を思い知らせるような気がします。

c0260942_15430708.jpg

こちらはオルガンの噴水の方を下から眺めたもの。
c0260942_15434194.jpg
そして下からまた上に上がっていく際に通ったこの坂ですが、端には水が流れていて素敵な坂でした。
その流れてきたお水が顔の口から出てくるからくりは何ともかわいらしい。
c0260942_15483608.jpg
この坂を上りきったところにある噴水ですが、上から眺めたときも力強かったけど、下から見ても四方から
出ている噴水でとても力強く美しかったです。

こちらの両サイドからは半円を描くように水が上から流れてきていました。
デザインがとてもエレガントです。
c0260942_15484920.jpg

最後にもう一度オルガンの噴水のところに行って、2時間に一回行われるオルガンの演奏を聴いてきました。

プログラムされた音楽が10:30から18:30まで2時間おきに聞くことができます。


c0260942_15490317.jpg
今の季節にこの圧倒されるほどの数の噴水を目の前にするのも気持ちがよいのですが、こちらは高台にあるという事と、噴水の水のおかげでロ-マ市内より気温が数度低くなっています。

ですので夏に訪れるのも悪くないでしょう。

何より地下鉄とバスで行けるというのが魅力的ですね!

帰りはTibrutina行きやPonte Mammolo駅行きのバスに乗って終点のPonte Mammolo駅で降りて同じように地下鉄の乗ってテルミに駅まで帰ってきます。

とうぞお楽しみ下さい!


by roma-nihon | 2018-05-09 16:57 | ローマ